1. 人材の損失は会社の損失!優秀な人材が会社を辞める3つの原因

人材の損失は会社の損失!優秀な人材が会社を辞める3つの原因

by fukapon
 この人は優秀な人材と思って会社が採用しても、それほど経たないうちに辞めてしまうという事が起きる場合、それはいったい何が原因でそうなるのでしょうか。誰でもやめるというならまだしも、会社としては辞めてほしくない優秀な人材が辞めて、どちらかというとあまり優秀でない人材ばかりが残っている…どういった点について改善していけば、優秀な人材が辞めるという事を食い止められるのか、その事についてまとめてみました。

1. 会社の先が見えないと優秀な人材は会社を辞める

 優秀な人材は、優秀であるがゆえに普通の人よりも会社の企業としての伸びしろや可能性といった点について、よく観察している場合が多々あります。希望して入社してきた場合でも、実際入ってみて会社として先が見えないようですと、その会社に長く勤めるモチベーションが下がり、早いうちに会社を辞める事にして、別の将来性のある会社に就職しなおそうという考えるでしょう。

 有名企業や大会社でなくても、会社としての伸び白があり可能性があるようでしたら、優秀な人材はその会社で能力を発揮して色々な事ができるので、辞める事はありません。会社として成長が止まっていないか、その点が重要となってくるでしょう。

2. 職場が硬直していると優秀な人材は会社を辞める

 企業としてはそれほど問題がないとしても、職場や人事があまりに硬直化している場合などは、優秀な人材はこの会社に残っても活躍の場は少ないと判断し、辞める事になるでしょう。

 いくら良いアイデアを出しても、若手という事で企画が通らなかったり、年功序列の度が過ぎて、大きなプロジェクトに参加できなかったり責任のある仕事を任せてもらえないとした場合、優秀な人材はその会社に対して見切りをつけて辞めるのです。それを避けるためにも、社内の雰囲気が暗くて硬直していないか、若手が必要以上に委縮して意見が言えないような状況ではないか、そのあたりを改善していきましょう。それにより、優秀な人材が辞めるといった事を食い止める事ができるのです。

3. 待遇があまりに悪いと優秀な人材は会社を辞める

 会社の待遇があまりに悪いという場合、まず優秀な人材はその待遇が適切かを冷静に判断し、不適切と判断すると辞める事を決意するのです。不当な人事やあまりに配慮のない配置転換や転勤など、そういった点について優秀な人材はじっくりと確認し、そのうえで不当と考えた場合は会社を辞めるのです。

 優秀な人材は転職においてもそれなりに新しい就職先が見つかりやすいですし、不当な条件で働かせられるデメリットを見抜く事ができるので、それに対して一番適切な方法を考えて、辞めるという事を選択するのです。

 給料面なども、勤め始めの時期に給料が安いという事に対しては不満は抱かなくても、キャリアを積んで行ってもそれほど上がらないなら、将来働き続ける価値がない会社という風に思い、より良い待遇の会社に映ってしまうのです。ブラック企業から優秀な人材がいなくなるのはそういった点が原因と言えるでしょう。それを防ぐには、そこに勤める人間が、働きやすい人に優しい会社という社風を作る必要があると言えるでしょう。


 以上、優秀な人材が会社を辞める事を考えるきっかけについて、まとめてみました。優秀な人材ほど先をみているので、優秀な人材が辞めずに残っているという会社は、ある意味で未来と可能性があり、人に優しい優良企業と言えるでしょう。なかなか急に変える事は難しいですが、そういう会社を目指して小さな事からでも変えていく努力を始めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する