1. 仕事の進み具合が一目瞭然!初めての人でもわかる「達成率」の基本的な計算方法

仕事の進み具合が一目瞭然!初めての人でもわかる「達成率」の基本的な計算方法

仕事の進み具合が一目瞭然!初めての人でもわかる「達成率」の基本的な計算方法 1番目の画像

  数値目標が明確だと、どれくらい仕事が達成できたのかを目標に対する割合で見ることができる。

 「達成率」は仕事の進捗状況が一目瞭然になり便利だが、達成率を総数で設定する場合と増減率で設定する場合では計算方法も異なる。

 本記事では達成率を求める計算方法について紹介したい。

【1】達成率の計算式

 達成率は目標に対する実績の割合だ。

 目標が総数の場合は、 実績÷目標×100(%)で求めることができる。

 例えば400万の目標に対し、500万の実績がある場合の達成率は「500÷400×100(%)=125」なので、達成率は「125%」となる。

 400万の目標に対し、実績が250万の場合は「250÷400×100(%)=62.5」。達成率は62.5%となります。

目標が“総数”ではなく“増減率”になっている場合、達成率の計算式は?

 「前期の成績から10%増」というように、目標が総数ではなく増減数や増減率などに設定されている場合には、 増減の実績÷増減の目標値×100(%)で求めることができる。

 前期の実績が100で、今期の目標が前期より10%増、実績が5%増の場合、5÷10×100(%)=50となり、目標の10%増に対して達成率は「50%」ということになる。

 しかし、実績そのものは前期と比べ105%、達成目標そのものの数字は110。実績は105なので、目標総数に対する達成率は、105÷110×100(%)=95.45になる。

【2】削減目標の計算式

 電気代や製造コストなど、前期よりも数字を削減したいものを目標にしたときの達成率の計算方法だが、これも基本的には達成率の計算式と同じだ。

 1か月の電気代計算が、今月は349だったが先月は463だったという場合、「349÷463×100=0.75」となり、先月に比べて75%しか使用していないということがわかる。

 先月が100%だとしたら、今月は25%節電できているということになるのだ。

達成率はマイナス表記しない

 目標数字が400の場合、先月は目標に対して115%。つまり15%分、目標に対して余剰=マイナスになってしまった場合、達成率を表すとしたら「85%」と表記するのが正しい。

 今月の使用率87%は、目標に対して13%の余力を残しているため達成率100%となる。いかなる場合も達成率は、マイナス表記で記すことはないのだ。


 達成率は何を目的にその数字を出すのかによって計算方法が変わってくる。

 同じ実績であっても、絶対値なのか割合なのかによって目標達成率が異なってくるので注意しておこう。

 達成率を計算する場合には、どの計算式を使って計算するのか、あらかじめ決めておくのがベターだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する