1. 【理想の自分になるために!】人生の道筋となるキャリアビジョンの立て方について

【理想の自分になるために!】人生の道筋となるキャリアビジョンの立て方について

by Michael Behrens
 あなたは「将来こうなっていたい!」といったキャリアビジョンを持っていますか?キャリアビジョンとは仕事のキャリアだけではなく、自分自身の人生全てを通じたキャリアのことを意味しています。これはいわば人生の道筋のようなもので、キャリアビジョンが明確に定まっていなければ、方向感のない行動ばかりを取ってしまいます。

 ですから、キャリアビジョンは早い段階からしっかりと計画しておくことが大切です。今回はそんなキャリアビジョンの立て方とその具体例についてご紹介していきたいと思います。

1.「過去」「現在」を把握し「将来」を見据える

 いきなり「キャリアビジョンを立てろ」と言われても、漠然としたイメージしか浮かんでこない、という方も少なくないでしょう。正しい流れを知り、それに従って計画を立てていくことが重要です。

 まずは自分の人生を過去・現在・将来の3つに分けてそこからどんな人生を送りたいのか考えていきましょう。時系列に沿って過去から将来に向かってなりたい自分を描いていくことが一般的な方法です。過去では自分がどんな風に育ってきてどんな経験をしてきたのか?現在では今の自分の現状はどういった状態なのか?将来ではどんな人になりたいのか?その目標に達するには何が必要なのか?といったことを明確にしていきます。これらを具体的にしていくことで、正しいキャリアビジョンを描くことが出来るようになります。

2.具体的なビジョンを持つ

 例えば「40歳までに独立して会社を立ち上げる」という目標を持っている30代の方がキャリアビジョンを立てるとします。このままの目標では具体的な計画がないので、こうした夢を思った背景を過去の経験などから探り出し、現状と照らし合わせます。すると「過去に出会った魅力的な経営者の影響を受け、そうした夢を抱くようになったことが判明した。」現状では資金的にも能力的にも40歳までに会社を立ち上げる力がないことが分かった。」こうした自分の位置付けができてきます。

 そうした現状が把握できたら、将来はどのように取り組んでいったら目標に到達出来るのかを考えていきます。例えば、独立資金を貯めるためにより給与の高い会社へ転職する、スキルを磨くために積極的にセミナーや勉強会に参加する、といったことなどが挙げられるでしょう。

 こうして1つ1つ過去から将来に向かって計画を立てていけば、寄り道をせず目標を実現するためのキャリアビジョンを描くことが出来るでしょう。



 
 いかがでしたか?自分自身でハッキリとしたキャリアビジョンを持たないまま仕事をしていては、仕事をしている意義を見出せなくなってしまいます。世界の著名な経営者やビジネスマンたちの多くは小さい頃からキャリアビジョンを明確に描いているそうです。キャリアビジョンは、具体的であればあるほど効果を発揮するもの。出来るだけ明確に年齢や数値を交えて描いていくように心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する