1. どうせ読書をするなら時間帯を意識することで効果を倍増させよう!

どうせ読書をするなら時間帯を意識することで効果を倍増させよう!

  ビジネスマンであれば、読書をする時間を意識的に取っているという人も少なくないはず。どうせだったらより効果の高い読書をしたいですよね。実は時間帯を意識することで、より効果の高い読書をすることができます。ここでは、時間帯を意識した読書法を紹介します。

たくさんある!読書の効果

 一概に読書の効果といえども多くのものがあります。知識をインプットするだけでなく、読書をすることで、ストレスの解消や、脳の活性化などの効果も知られています。

朝は、資格の勉強をしよう!

 朝にオススメしたいのが、資格の勉強。英語のスキルは、TOEICのスコアによって示すことが出来ますよね。朝の時間帯は、脳がスッキリとしていて、情報のインプットには最適です。朝の時間を使って、資格の勉強をすれば、暗記しなければならないような内容もスイスイ入ってくるかもしれませんよ。

お昼どきのビジネス本読書で即結果に!

 昼休みにオススメしたいのが、ビジネスのノウハウが詰まった本を読むこと。昼に自分で本を読んで得たことをそのまま午後の仕事に活かすことが出来ます。午前中との違いをしることができるので、寄り効果的にノウハウを取り入れることが出来るのではないでしょうか。

夜は小説を読んでストレス発散

 実は、読書にはストレス解消に絶大な効果があると言われています。

イギリスのサセックスにある大学で、心拍数などから読書・音楽視聴・1杯のコーヒータイム・テレビゲーム・散歩それぞれのストレス解消効果を検証したところ、読書は68%・音楽試聴は61%・コーヒータイムは54%・散歩は42%・テレビゲームは21%ストレス解消効果が現れたそうです。また、静かなところで読書を行えば、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を得られるとのこと。

出典:読書がストレス解消に非常に効果的であることが研究で明らかに ...
 仕事に疲れた夜は、本を読むことでストレスともあさらば。堅苦しい本ではなくて、小説やエンタメ本に浸ることで、あなたのストレスも吹き飛んで行くのではないでしょうか?

複数の本を読むことで得られる効果も!

 時間帯に分けて本を読むことの効果はこれだけではありません。実は、複数の本を読み分けることで、脳が活性化するという話もあります。これは、複数の本で得た知識を重ねあわせながら考えることで、より高い知識が得られるという意味です。時間帯に分けて本を読むと、かなり効果的だと言えるでしょう。


 ここでは、時間帯に分けて本を読むことで、読書の効果を倍増させる方法を紹介しました。時間帯別で本を入れ替えることで、かなりの効果が期待できます。ぜひ試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する