1. 集中力、どのぐらい保てますか?長時間集中力を保つための方法

集中力、どのぐらい保てますか?長時間集中力を保つための方法

 ビジネスマンが持つべき必須の力として、知られるのが集中力。仕事でいい結果を残したいのであれば、集中して仕事に臨む必要があるでしょう。ここでは、集中力が継続する時間と、集中力を維持するための方法を紹介します。

集中力が継続する時間は意外と短かった!

 一般的に集中力が継続する時間といえば、90分と言われています。しかし、実際のところはもっと集中力が続く時間は短いようです。

  Yahoo!が行った調査によると、多くの人は、30分前後で集中できなくなると回答しています。人間の集中力が本当に続く時間も、本当は、30分前後だと言えるのかもしれません。

効果的な仕事の仕方

 よく、効果的な仕事の仕方としては、「ポモドーロテクニック」というものが知られています。

集中力を高めたければ、25分間仕事、5分間休憩をワンセットにして仕事を処理していく「ポモドーロ・テクニック」を活用してもいいでしょう。

出典: もっとも仕事に集中できる「ポモドーロ・テクニック」 - PRESIDENT Online
 確かに、このやり方であれば、集中力が継続する時間ともピッタリ合いますよね。

 でも、仕事をしている中江、このような働き方はなかなか厳しい…と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。会議で集中しなければならない時などは、25分集中したから、休憩というワケにはいきませんよね。ビジネスマンとして、集中して仕事に臨みたいのであれば、より集中力が継続する時間を伸ばしていく必要があるのではないでしょうか。

なぜ、集中力が切れてしまうのか?

 それでは、集中力を長持ちさせるためには、どうすればいいのでしょうか?集中力を長持ちさせるためには、集中力が切れてしまう原因を探ることが重要です。

 仕事中に集中が切れてしまう原因として挙げられるのは、他の仕事が途中で割り込んでしまうからではないですか?集中するためには、他のことを出来る限り排除して、そのことだけに取り組むことが重要になるのです。

集中力を長持ちさせる方法

 集中力を長持ちさせるためには、行っている仕事以外のことを出来る限り排除する必要があります。そのためには、まず、自分と関係がありそうな情報を聞かないということが必要なようです。会議中は難しいかもしれませんが、環境音などをながし、している会話が自分には関係が無い世界を作るといいようです。

 また、なるべく脳に負担を掛けないこともポイント。脳への負担は、雑念を増やし 、集中力を削いでいきます。集中力を長持ちさせたいのであれば、休憩時間に目一杯休むことも重要だと言えるでしょう。昼寝などを挟むのも効果的ですね。


 ここでは、集中力が継続する時間と、集中力を長持ちさせる方法について紹介しました。集中力が保てる時間は以外と短いもの。工夫をして、なるべく集中できる時間を長くしていくことが重要でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する