1. 夏場のワイシャツの扱いは女の子と同じ!襟汚れの防止には細かい気遣いが大切だった

夏場のワイシャツの扱いは女の子と同じ!襟汚れの防止には細かい気遣いが大切だった

 何度も洗濯したのに、一向に落ちる気配がないワイシャツの襟汚れ。この汚れは、自分の「皮脂」によるもので、なかなか落としづらいそうです。

 これから、更に暑くなってくる夏に向けて、ワイシャツの襟汚れを防止する方法はあるのでしょうか。誰もがカンタンに出来るワイシャツの襟汚れ防止テクニックを紹介します。

1. ベビーパウダーを使って襟汚れを防止

 ワイシャツの襟汚れを防止する方法として活用できるのが「ベビーパウダー」。「なぜ、ベビーパウダーが良いの?」と思う人は多いかもしれませんが、ベビーパウダーは汗や油を吸収してくれるため、襟汚れの防止に効果的なのです。

綺麗なうちにベビーパウダーを付けておく事で布にコーティングして汚れを防ぎなおかつ、ベビーパウダーが水と馴染み易いので汚れがよく落ちると言う事なのです。

出典: ワイシャツなどの襟や袖口の汚れやすい部分にベビーパウダーをなじませ ...
 夏場はワイシャツを着る前に、襟元にベビーパウダーをはたいておくと、ワイシャツの襟が汚れる可能性はグッと抑えられるでしょう。

2. スプレー式の糊を使って「皮脂」をガード

アイロンをかける時に、
スプレー式の糊などを使うのが手っ取り早いと思います。

糊をかけておけば、襟周りの汚れが糊に着くので、
洗濯の時に糊と一緒に落ちます。

出典: ワイシャツの襟汚れ防止策ってなにかありますか?|質問・相談が会員 ...
 スプレー式の糊を使うのも、ワイシャツの襟汚れ防止には効果的。洗濯が終わり、ワイシャツの襟がキレイな状態の時、アイロンがけと一緒に糊づけも行いましょう。

 糊をつけるとワイシャツの襟が少し硬くなるそうなので、敏感肌の人は気持ち薄めにつけると良いそうです。

3. 「よごれガードテープ」を使って襟汚れをブロック

 ワイシャツの襟汚れを防止するには、防止グッズを使うのも良いでしょう。オススメしたいのが「 よごれガードテープ」。この商品は、ワイシャツの襟・袖口などで貼るだけで汚れを防止してくれるモノです。

 透明なので、テープは目立ちにくく安心して使えます。夏場でも外を歩き回る営業マンは、1つ確実に持っておくべきと言えるのではないでしょうか。テクニックだけでなく、こうしたグッズを活用することも、ワイシャツの襟汚れを防止するためには大切です。

4. 防汚加工のワイシャツを買ってみるのもオススメ

 洗濯や防止対策などが面倒くさい…と感じている人は、防汚加工のワイシャツを購入してみると良いかもしれません。何となくワイシャツを選んで購入するのではなく、「防汚加工」に注目してワイシャツを購入してみて下さい。

 また、そのワイシャツにここで紹介した防止テクニック・グッズを活用するとより一層の効果が得られると思います。



 ワイシャツの襟汚れが完璧に防げるかは分かりませんが、少し気を遣ってケアをしてあげるだけで、襟汚れは防止できるはずです。面倒くさがらず、きちんとケアをすることが美しい身だしなみを整えるための鉄則でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する