1. デキる人は休み時間の使い方もウマい!明日から実践したいオススメの過ごし方4選

デキる人は休み時間の使い方もウマい!明日から実践したいオススメの過ごし方4選

 仕事がデキる人というのは、タスク管理や仕事の優先順位づけが上手いだけでなく、休み時間の使い方まで上手いもの。席に座ったまま、食事をしているような過ごし方は、上手い休み時間の使い方とは言えません。では、どのように休み時間を過ごすのが良いのでしょうか?

1. 社外の人とランチで情報交換

 仕事がデキる人は、お昼の休み時間を活用して社外の人と会っているもの。一人で漫然と過ごすのではなく、社外の人と会い、情報交換をするのです。

夜の時間帯であれば、お酒も入り、長丁場になることもありますが、昼はその点、時間的な制約もあり、生産性の高い情報交換の場となり得ます。

出典: 成功キャリアはランチで黄金人脈を作る [キャリアプラン] All About
 お昼の休み時間を情報交換の場とし、社外の人と合うことで自身の人脈形成にも役立つことでしょう。今では、「 Coffee Meeting」というサービスを活用すれば、気軽に人と合うことができます。一人でデスクでご飯を食べて過ごすのではなく、休み時間を社外の人と会う場にしてみてはいかがでしょうか?

2. アプリなどを使って情報収集

 また、アプリなどを使って情報収集するのも良い休み時間の過ごし方と言えるでしょう。仕事で成果を出す人というのは、様々な情報をインプットし、それをアウトプットに繋げているもの。だからこそ、ビジネスマンにとって知識のインプットは大切です。

 RSSリーダーの「 Feedly」を使うのも良いですが、「 SmartNews」「 NewsPicks」「 Vingow」などを使ってみるのが良いでしょう。自分の仕事に役立つ知識だけでなく、取引先との打ち合わせや接待などで使える話題も手に入れることができます。

3. 10〜15分間の昼寝

 休み時間を使って、10〜15分間の昼寝をするのもオススメです。昼の10分の睡眠は、夜の睡眠に換算すると1時間30分ほどと言われています。

 休み時間を過ごした後、眠くなってしまい仕事が全然手につかない…という人は睡眠を取り入れましょう。その際、「 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 気分ほぐしてシャキ」を使うと、より一層効果的です。昼寝の効果に関しては、下記の記事に詳しく書かれているので、興味あれば読んでみて下さい。

4. huluを使って語学学習

 休み時間は語学学習にも有効に使えます。参考書などを使った勉強は飽きてしまい、長続きしないと思うので、休み時間は「 hulu」を使って、英語を聞き取る力を鍛えるのです。

 「hulu」には様々な海外ドラマが配信されています。1話が大体40分弱ですので、お昼の休み時間を使って勉強するには、ぴったりと言えるのではないでしょうか。



 たかが1時間の休み時間かもしれませんが、この1時間をどのように使うかによって仕事の成果も大きく変わってくるのではないでしょうか。一人でデスクでご飯を食べて、ぼーっと過ごすのではなく、何かしら自分のためになる有意義な過ごし方を実践しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する