1. 【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!? 1番目の画像
 営業マンであれば、仕事が終わった後に「接待」をすることもあるでしょう。取引先との関係構築に役立つ「接待」ですが、果たして業務時間外の接待の時間は残業代として請求できるか気になりませんか?

法律的に業務時間外の「接待」は残業になる 

「仕事で拘束された時間のどこまでが、労働基準法の『労働時間』として認められるのか――。学説や行政解釈は、その範囲を『労働者が使用者の指揮監督のもとにある時間』と定義付けています」

出典: 勤務時間外の「取引先との会食」 残業代は請求できる?|弁護士ドットコム ...
 業務時間外に行う接待は、法律的に残業として認められ、残業代を請求できるそうです。ただし、全ての接待が残業として認められるわけではありません。注意しておかなければならないポイントが幾つもあります。

顧客との関係を円滑にすることが目的の場合はNG

【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!? 2番目の画像
 では、どのようなことに注意すべきなのでしょうか?一つ目は「目的」と言えそうです。

会食中に商談がなされる等業務に関わる行為があれば労働時間となりますが、一般的な会食接待であれば顧客等との関係を円滑にする事が主旨ですので、当人には負担になるでしょうが労働時間として取り扱う必要はございません。

出典: 接待時の残業手当 - 『日本の人事部』
 接待の目的が、顧客との関係を円滑にすることだった場合、その接待は残業として認められず残業代は請求できないとのこと。接待を残業代として、請求したい場合はまず接待の目的が何なのか、明確にしておけなければならないでしょう。

会社からの「参加指示」が出たら労働時間になる

労働時間として判断されるのは、会社が強く参加指示を行っている場合に限られるものと考えられます。

出典: 『接待』は労働時間か? - サービス残業対策サポートセンターQ&A
 また、会社から「接待に参加するように」と指示がなければ、業務時間外の接待は労働時間として認められず、残業代を請求できないそうです。   


「義務性」「業務性」「指揮監督性」

【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!? 3番目の画像
 以上のことをまとめてみると、業務時間外の接待が労働時間として認められ、残業代を請求するためには、下記のポイントが重要になります。

「判断のポイントは、(1)義務性、(2)業務性、(3)指揮監督性の3つをすべて満たすかどうかです。

出典: 勤務時間外の「取引先との会食」 残業代は請求できる?|弁護士ドットコム ...
 この3つのポイントが満たされているかどうかで、業務時間外の接待を残業代として請求できるかが変わってくるそうです。この3つのポイントだけ覚えておけば、自分が参加した接待に残業代がつくかどうか、判断できるでしょう。 


「もう無理な残業はしたくない!」……そんなときは

 会社の指示とはいえ、あまりにも多い残業や直前での残業指示は、自分のプライベートな時間が確保できなくなってしまうだろう。

 「自分の希望の条件に合った会社で働きたい」「もう残業はしたくない」という人は、転職によって環境を変えることを検討するべきだろう。

条件に合った会社を探すなら「ワークポート」

【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!? 4番目の画像

 「ワークポート」はさまざまな職種を取り扱う総合転職エージェントだ。中でもITやクリエイティブ職に強みを持っており、設立当初から数多くの実績を築いている。

 数多くの求人があるため、自分の条件に合った転職先を探すことができる。

 また、未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としており、無料エンジニアスクールなど、完全に未経験の常態から新たなキャリアを築くための支援も行っている。

 面接や書類作成のサポートもあるため、転職未経験者でも安心して利用することができる。

 「条件に合った会社に転職したいと」いう人は、ぜひ登録してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する