1. 現代病の1つ!夏のオフィスで陥りやすいクーラー病の知識とその対策

現代病の1つ!夏のオフィスで陥りやすいクーラー病の知識とその対策

  • 5063views
  • 0fav

 皆さんは、「クーラー病」という言葉を聞いたことがありますか?これは、現代人が年間を通じてクーラーに当たっている時間が増えてきたことによる現代病と言っても良いでしょう。しかし、いざ「クーラー病」の対策をしようと考えても、その知識がないと何も出来ませんよね。ここでは、クーラー病の知識とその対策を述べていきます。

クーラー病って何?

 では、まず始めにそもそもクーラー病って何なの?という疑問に答えていきましょう。

人間には、本来、環境適応能力が備わっています。ところが、クーラーという人工的な環境の変化によって、その体温調整能力に変調が起こり、自律神経の失調を来して、様々な症状を引き起こすことがあります。このような体の変調を総称して「クーラー病」と呼んでいます。

出典: クーラー病‐げんきの素

 つまり、人間のあるべき状態にクーラーで環境の変化を起こさせることで、本来の人間が持つメカニズムに異常を来してしまうというものです。それによって体が変化に耐えられずに体調を崩してしまうのです。

クーラー病の主な症状はコレ!

 クーラー病の対策を紹介する前に、必ず必要になる知識があります。それは、クーラー病の症状です。対策をしよう!と思っても自分がクーラー病にかかっているかどうかが分からなければ意味がありませんよね。では、主な症状を見ていきましょう。

体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、下痢、神経痛、生理不順 など

出典: クーラー病‐げんきの素
 仕事中にクーラーに当たっていて上記のような症状が出てきた時は、クーラー病を真っ先に疑ってみるのが良いでしょう。

個人レベルで出来るクーラー病の対策

 クーラー病は、クーラーによって起こるものです。本来であれば、クーラーの設定温度を高めに設定しておけば良いのですが、職場のクーラーが寒くてそれをなかなか言い出しづらい…という状況にある人もいるでしょう。そんなあなたのために、職場で簡単に出来る対策方法について紹介していきます。

クーラーの風を直接受けない 

 やはり、クーラーの風に直接当たってしまうと体の芯から冷えきってしまいます。そのため、なるべくクーラーの吹き出し口に気をつけるようにしてくださいね。

膝掛けや羽織るものを持つ

 どうしてもクーラーの風に直接当たってしまうデスクの場合は、膝掛けやカーディガン等の上着で体を冷やさないようにしましょう。

たまに運動をする

 ずっとデスクにかじりついていると、血行が悪くなってしまいますよね。血行が悪い状態では、体温も低くなってしまいます。そんな状況を避けるために、たまには席を離れてストレッチや運動をしてみるのもオススメです。普段使わない階段を使用するだけでも効果はありますよ。

会社全体で取り組みたいクーラー病対策

 個人レベルで対策が出来るとは言っても、そもそも会社側がオフィスのクーラーをしっかりと管理できればこのような問題は起こらないはずですよね。クーラーを使用することでもちろんコストもかかっているし、さらに社員の体調も崩してしまうなんてことがあれば、仕事にまで影響が出てきてしまいます。そんな負の連鎖を断ち切るためにも、会社側がしっかりとクーラーの管理をすることが望ましいですよね。

・西日の差す部屋は、部屋の温度が上がります。カーテンやすだれで日ざしを遮りましょう。
・部屋へ帰って真っ先に冷房を入れるのではなく、まずは換気をしましょう。部屋内部にたまった熱を外に逃がすことで、部屋の温度が下がりやすくなります。
・冷気は下へ下へと逃げていきます。2階にある部屋や、廊下や階段に続く部屋は、カーテンや扉で冷気が逃げないように遮りましょう。
・除湿を行うと、設定温度が高くても体感温度は下がります。
・設定温度を高くして風量を強くし、部屋の空気を循環させます。間接的に風が身体にあたるようにすれば、体感温度は下がります。扇風機を併用するのも効果的でしょう。

出典: 冷房病(クーラー病)にかからない方法 夏バテ対策 - goo ヘルスケア
 上記のような方法を取り入れることで会社にも社員にも優しいクーラー病の対策をすることが出来ますよ。さらに、クーラーをつける場合は温度を27度前後に設定しましょう。


 クーラー病は本来であれば起こる必要のないものです。人間の技術の産物は、私たちの環境を良くも悪くも変えることが出来ます。生活を豊かにするための道具で生活をダメにしてしまうのはもったいないですよね。是非、上記のことを参考にしてクーラーと上手く向き合っていってくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する