1. 【面倒な雑務の悩みとはオサラバ!】仕事の雑務を要領よくこなす3つのコツ

【面倒な雑務の悩みとはオサラバ!】仕事の雑務を要領よくこなす3つのコツ

by misanthropy__
 片付けても次から次へと出てくるのが仕事の雑務です。雑務をおろそかにしてはいけませんが、雑務に追われて本来の仕事に影響が出ては元も子もありません。短時間で効率よく雑務を片付けるにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、仕事の雑務を効率良くこなすコツを紹介します。

1, 時間の使い方を見直す

 雑務に追われて時間が足りない人は、一日の行動を見直し、雑務にどれだけの時間を割いているのかを正確に把握することが重要です。雑務を効率よくこなせないのは、時間の使い方に問題がある可能性があります。1つ1つは短い時間で済む作業でも、積もり積もった時間は結構な長さになるものです。

 多くの場合、雑務そのものにかかる時間よりも、雑務の準備や後片付けで時間が取られているもの。雑務を要領よくこなすためには、雑務の前後で消費している時間をいかに短縮するかがカギになります。

2, まとめて一気に片付ける

 雑務を要領よくこなすコツは、ある程度の量がたまってから一気に片づけること。雑務の準備や後片付けなど、ひとつひとつはわずかな時間でも、積もり積もれば結構なロスになります。まとめて一気に処理して短縮しましょう。

 このように雑務をまとめてこなすことができれば、仕事のクオリティには影響を与えずに余計な時間を消費することなく効率よく処理することができます。

3, 大切なのは「優先順位」をつけること

 雑務の種類ごとに優先順位をつけ、優先度の高い雑務から処理していきましょう。雑務の中には急いでいる仕事もあれば、手が空いているときにやれば良い仕事まであります。優先順位の高い雑務を優先的に処理し、優先度の低い雑務はある程度の量がたまるのを待ってから一気に処理するように心がけましょう。

 優先度をつければ、重要な仕事は滞りなく勧められ、優先度の低い仕事は手が空くまで後回しにできます。


 雑務というとどうでもいい仕事のように聞こえますが、雑務だからといっておろそかにしてはいけません。雑務とは誰かがやらなければいけない仕事であり、雑務をないがしろにしていると後になってから仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。効率よく雑務をこなし、本来の仕事の質を維持してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する