1. 雨の日ってなんだか体調が悪い気がする?梅雨に実践したい5つの習慣

雨の日ってなんだか体調が悪い気がする?梅雨に実践したい5つの習慣

by kirainet
 梅雨の時期は、春と夏の季節の変わり目で体調管理が難しい季節ですね。気温の変化も激しい上に、湿度も高くてじめじめしています。そのせいなのか気分もなかなか上がりません。ここでは、梅雨の時期に実践したい5つの習慣を紹介します。

8割以上が天候によって体調が左右する!

「天気の変化はあなたの体調に影響を与えますか?」というアンケートをとった結果、持病のある人の87%、健康な人の83%が「影響がある」と回答しました(2005年に調査)。四季がある日本は、世界の中でも気象の変化の激しい国なので、それが体調に影響を及ぼしていると感じている人が、持病のあるなしにかかわらず5人中4人もいるのです。

出典: 蒸し暑くてだるだる、長雨でうつうつ 梅雨どきの不調は「気象病」のせい ...
 上記のアンケート調査によると、8割以上の人々が天候の変化によって、体調に影響をうけていると答えています。では、季節の変わり目にあたる梅雨の時期に関しては、体調の変化を訴えている人がどれだけいるのでしょうか。

梅雨の時期に体調を崩す人は...

 では、実際に梅雨の時期どのくらい体調を崩す人がいるのかみていきましょう。

梅雨になると体に不調を感じることがあるか尋ねたところ、37%の人が「ある」と回答しています。
男女別にみると、女性で「ある」と回答している人は 46%と男性に比べ 20 ポイント高くなっています

出典: 調査結果詳細レポートPDF - マクロミル
 ある調査によると、全体では37%の人々が梅雨の時期に体調不良を感じたことがあり、男性よりも女性のほうが体調不良を感じる人が多いみたいです。では、梅雨の時期に体調不良になってしまう原因はなんなのでしょうか?次の項で主な原因を紹介します。

梅雨に体調が悪くなる主な原因は?

梅雨の時期というのは本当に温度差が激しいのです。6月というのはちょうど春から夏に移り変わる時期で、天気そのものも不安定ではありますが、気温も不安定な時期が続いているのです。この気温の差についていけない人が多いのです。

出典: 健康管理 | 日本の梅雨文化
 梅雨に体が疲れやすくなる主な原因は温度差です。ちょうど春から夏への季節の変わり目で不安定な天気が続きます。雨が降ると急に気温が下がったり、かと思ったらカラッと晴れて急に温度が上昇する。

 同じ一日でも朝夕は冷え込んだりと体温調節がしづらくなるのです。自分ではそれほど気になっていなくても、体はダメージを受けている可能性が高い。この原因を解決するためには、何をすればよいのでしょうか?

実践したい5つの習慣

 前項の原因を解決するために、実践してほしい5つの習慣を紹介しましょう。
by Takashi(aes256)

起きたら軽くストレッチ

血行が悪くなると全身がこり固まってしまうので、毎日軽くでよいので伸ばしてあげると効果的です。

出典: ストレスや睡眠不足に負けない体調管理法 | 外資就活ドットコム
 梅雨の時期は特に日の光を浴びる時間が短くなるので、血行が悪くなります。そこで、朝起きたらすぐに軽くストレッチしましょう。前屈をして太ももとふくらはぎの裏側を伸ばしたり、背伸びするだけでも結構違ってくるはずです。

梅雨の時期こそ朝食は必ずとる

 朝食は必ずとりましょう。一日のはじまりに昼食をしっかり食べることで、体温が上昇して脳の働きが高まります。体温が上昇することによって、体の中から目を覚ますことができます。(参考: 梅雨の健康管理について

服装は長袖で

梅雨に入ると朝晩は肌寒くなりますので、寒さに対応できる服装を用意しておきましょう。昼間は暑いからと言って朝晩の寒さを我慢することが無いようにしたものです。

朝は長袖で防御して昼は半袖と気温にあった服装をするのが理想であり、面倒がらないで着替えることが重要です。ジャケットやカーディガンを使用するのも良いと思います。

出典: 梅雨時期の体調不良に備えよう!気圧の変化に負けない対策 | 健康生活 ...
 朝は気温が低いので、服装は長袖系で出勤するようにしましょう。梅雨に入ると朝晩は肌寒くなりますので、寒さに対応できる服装を用意するのがベストです。昼間は暑いからと言って、朝晩の寒さを我慢しないようにしましょう。

晴れているときはなるべく日の光を浴びよう

雨がやんでいるときはなるべく外に出かけるようにしましょう。仕事中ならお昼休みに少しだけ散歩するのもおすすめ。

出典: 2/2 梅雨の疲れとだるさを解消! [疲労回復法] All About
 梅雨の季節でも、たまに晴れている日はあります。そのときは、なるべく日の光を浴びにいくようにしましょう。ちょっとした気分転換にもなりますし、狂ってしまった体内時計を整えることもできます。

お風呂に入って汗をかこう

38-40℃ぐらいのぬるめのお湯での半身浴がおすすめ。冷房の効いた部屋にいると、皮膚の末梢の血行が悪くなり、汗をかきにくくなります。外に出た途端、大粒の汗をかく人は汗腺の機能が落ちている可能性が。お風呂に入って、汗をたくさんかくと汗腺の働きがよくなるのです。

出典: 2/2 梅雨の疲れとだるさを解消! [疲労回復法] All About
 梅雨の時期から冷房を付ける会社も多いと思います。そこで、湯船につかることによって、汗をたくさんかくと汗腺の働きがよくなり、上手に汗をかくことで血行を促進してくれますよ。  


 今回は、梅雨の時期に実践したい5つの習慣を紹介しました。毎日雨が続くと、体調管理が難しくなってきます。これらの習慣を実践することで、梅雨の時期の体調管理も完璧ですよ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する