1. 正面から向き合っていくことが大事!ミスを犯しても前向きになる方法

正面から向き合っていくことが大事!ミスを犯しても前向きになる方法

by VinothChandar
 仕事をしていればミスはつきものです。世の中にミスをしない人などいません。とはいえ、そのミスの度合いが大きいほど気持ちも落ち込んでしまうもの。そんなときに、どうやって前向きになり次の仕事に取り組んでいくべきでしょうか。今回は、ミスを犯して落ち込んだ気持ちを克服し、前向きになる方法を考えていきます。

1. ミスに対して正面から向き合う

 誰でもミスを犯してしまったときにその事実から目をそむけがちです。しかし、いくら目をそむけようとも、ミスをしたという事実は変わりません。目をそむければそむけるほどミスをした後ろめたさはついてきます。だから、一度正面からミスと向き合う必要があります。

2. ミスした仕事と自分の能力の客観的比較

 ミスをした仕事と自分の能力を客観的に比較して、自分の能力で対応できたミスだったのかどうかへの評価を加えます。自分の能力で十分対応可能な仕事であるにもかかわらずミスしてしまったという場合は、仕事のどこかで確認漏れはなかったか、気持ち的にゆるんでいなかったかなどをさらに細かく分析します。そして、原因をしっかり究明し、その原因を心に銘記します。

3. ミスに対するプラス思考

 ここまでして初めて、ミスを過去のものとして、今度は前向きに考えていくという段階に入ります。犯したミスに向き合うことで、周囲にどんな影響を与えるのか、自分に何が足りなかったのかを知るということは、自分の財産にもなります。

 ミスを犯してもそれを克服することでレベルアップできるのだと思えば、今後小さなミスを犯すかもしれないけれどプラス思考でいられるはずです。そうなればミスを恐れず前向きに仕事に挑むことができます。


 今回は、ミスを犯しても前向きになる方法について見てきました。ミスをなかったことにしてしまえば精神的なダメージは軽減できるかもしれない。しかし、それではそのレベルにとどまることになります。ミスをプラスに変え、さらにミスを恐れない仕事への積極性を身につけるためには、まずミスと向き合うことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する