1. アウトプットを大切に!仕事中でも簡単に実践できる思考整理術

アウトプットを大切に!仕事中でも簡単に実践できる思考整理術

by We Make Noise!
 仕事をする上で、思考を整理するという作業は、とても重要なことになります。ビジネスの場面では、常に自分の思考を整理しまとめることで、正確に業務を行うことができるからです。今回は、仕事中でも簡単に実践できる思考整理術について考えてみましょう。

頭の中だけで整理しようとしない

 思考整理術というと、頭の中だけで全てを記憶し、整理してと考えている人も多いのではないでしょうか?

 しかし、どんなに記憶力のいい人でも、頭の中だけで、自分の思考をまとめるには、限界があります。そして、それを思い出すまでには、一定の時間が必要となり、なるべく短い時間で業務を終了させることが望まれるビジネスの場面では、適切な方法であるとはいえません。

ツールを使って整理する

 そのためにも、まず頭の中だけで整理するのではなく、メモや、カレンダー、エクセルなどのツールを使いながら、整理するのが最も効果的な思考整理術になります。自分の思いついたアイデアをメモするということでもいいです。

 または、スケジュールをカレンダーに記入しておき、カレンダーを毎朝見る習慣さえ身に着けておけば、業務の期日の関係なども忘れずにすみます。また、何かを行う手順なども、順番に、メモなどに書き出してしまうことで、メモに書き出した部分は、遡って、頭の中で考えなくてもよいということになるのです。

計画を立てる

 まずは、あるひとつの業務を行う上で、必ず計画を建てるようにします。計画を立てると、その業務を進めることは、とても簡単な作業となっていきます。計画がない場合には、手順に漏れがあったり、遣り残しが出てきてしまったりして、最初からやり直しなどの時間の無駄が省けることにも。

 シンプルに作業を進めていくためにも、計画を立てて仕事に望むということは、とても重要なことなのです。そうなれば、余分な問題が発生することもなくなりますので、その問題を解決させるために費やす時間なども短縮させることができます。


 今回は、仕事中に行える思考整理術について紹介しました。業務を効率的に行うためにも、頭の中をしっかりと整理させておく状態を常に作ることが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する