1. 勉強のコツはアウトプットにアリ!資格勉強で大切な3つのアウトプット

勉強のコツはアウトプットにアリ!資格勉強で大切な3つのアウトプット

by Wonderlane
 社会人になってから資格を取るときに大変なのは、時間のやりくりです。そこで大切なのは、アウトプットです。しかし、勉強にアウトプットが大切なことは知っていても、実際にどんなことをすればいいのか分かっていない人もいるでしょう。勉強には、3つのアウトプットがあるのです。

インプットと同時に行うアウトプット

 新しい知識を得る瞬間にも、アウトプットを意識することは大切です。例えば、テキストを読みながら復唱をして、少しでもアウトプットをしてみましょう。アウトプットすることで、知識が定着しやすくなります。

 また、知識を得るときにも本番を想定するのも有効です。「この知識は、本番だとどういう風に聞かれるのだろう?」と考えながら勉強すれば、より実践的な知識が獲得できます。

記憶の定着のためのアウトプット

 人間は、インプットとアウトプットを繰り返すことで初めて記憶が定着します。ただ覚えるだけでなく、覚えた知識を思い出す練習を欠かさないでください。

 赤シートで重要な部分を隠したり、家族や友人に問題を出してもらうと有効です。思い出す練習をすることで、どこを覚えていないのかが明確になり、インプットの効率も良くなります。

本番を意識したアウトプット

 最後に大切にしたいのは、本番を想定したアウトプットです。知識をしっかり定着させても、いつもと違う形式で質問されると、びっくりして思い出せなくなってしまうことがあります。資格勉強をするなら、本番と同じ形式で知識を思い出す練習は欠かせません。

 これに当たるのは、過去問や予想問題を解くことです。できれば、制限時間や勉強場所の雰囲気も本番に合わせるべきです。どのような形式で、どのような内容が聞かれるのかが分かれば、本番でも100%の力が発揮できます。

 
 いかがでしょうか。勉強をするときには、3つのアウトプットが欠かせません。自分がしているアウトプットが何のためのものなのかを常に意識しながら勉強してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する