1. 平日に溜まった疲れを120%解消するための休日の過ごし方5選

平日に溜まった疲れを120%解消するための休日の過ごし方5選

 毎日の業務で溜まった疲労を完全に回復してまた月曜日からシャキッと働くのも、ビジネスマンの「仕事」の1つ。しっかりと平日の疲れを抜くような休日の過ごし方をしたいですね。ここでは、平日の疲れを120%解消するための休日の過ごし方を紹介します。

1. 早起きする

体内時計が1日で調整しきれるのはせいぜい2~3時間程度。いつもは6時過ぎに起きている人が、週末は12時すぎまで寝てしまったりすると、睡眠覚醒リズムが乱れたり、寝る時間が後ろへずれてしまいます。

出典: 快適お目覚め術 » vol.5 休日の朝も早起きしよう! - 快眠[カラダ]:朝 ...
 休日にたくさん寝て疲労を回復しよう!と思ったら、なんか疲れがとれずに月曜日を迎えてしまった…という経験がある人は多いはず。実は、体内時計のズレが原因となっています。休日といえども、遅くまでダラダラと寝て過ごすのではなく、早起きをしたほうが、体の負担も減ります。

2. 散歩やジョギングをする

休日も、いつもと同じような時間に起きて散歩をする。ストレッチで体をほぐす。プールやジャグジーでリラックスする。

こんな軽めの運動こそが、アクティブ・レスト。血行を促進し緊張感を和らげることで、体の疲労が軽くなります。

出典: 慢性疲労の原因は「過ぎ」だった!休日は「アクティブ・レスト」で疲労軽減 ...
 休日の散歩やジョギングもおすすめ。休日に運動をすると疲れてしまうのではないか?と思いますが、軽く運動をすることで、ぐっすりと眠ることができ、より疲れも解消しやすくなります。

3. 悲しい映画やドラマを見る

「泣く」ことは、交感神経から、
副交感神経へと切り替える働きがあります。

また、「泣く」ことは「睡眠」よりも
ストレス解消に効果があるとも言われています。

出典: 涙を流すことがストレス解消法になる理由 | うつ病の克服方法を紹介する ...
 疲れの原因には、ストレスも含まれているのではないでしょうか。実は、泣くことは、寝ることよりもストレスを和らげる効果があるそうです。悲しい映画やドラマを見て、思いっきり泣くことで、涙と一緒に疲れがスッキリと取れてしまうかも!?

4. SNS断食をする

 普段からスマホをいじっている時間が長いという方にオススメなのが、SNS断食。SNSの画面を見る時間は、意外と長いものです。こうした時間は、せっかくの休日の時間を減らしてしまいますし、疲労もかえって溜まってしまうものです。SNSに触れない時間を作り、休日を有意義にしましょう。

5. 湯船にしっかりと浸かる

疲れを効果的にとる方法として、毎日でもできるのがお風呂に入ることです。暑い時期は、シャワーのみで終える人も多数います。

ところが、湯船で体を温めることにより、溜まった疲れをとることができます。

出典: 疲れをとるための10の方法 - 元気に生きるためのアドバイス集
 湯船にゆっくりと浸かることにより、血行が良くなるだけでなく、リラックスすることもでき、まさに一石二鳥とも言えるのが、湯船に浸かること。長時間湯船に浸かって疲れを解消しましょう。


 ここでは、仕事で溜まった疲れを120%解消するための方法を紹介しました。しっかりと休んで仕事で結果を残すことができるビジネスマンになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する