1. 【企業が思い描いた理想が現実に!】経営方針が決まった後の方針管理の進め方

【企業が思い描いた理想が現実に!】経営方針が決まった後の方針管理の進め方

by kevincole
 企業が最初に立てた経営方針に沿って経営を進めていくためには、業務における方針管理が需要になります。もし適切な方針管理が実行されない場合、経営は徐々に方針から逸れた方向に進んでしまい、理想的な成果を上げることができなくなってしまうでしょう。

 経営方針を決定した後は、どのように方針管理を実行すればよいのでしょうか。今回は、経営方針を決定した後の具体的な方針管理の進め方について解説します。

計画の策定

 方針管理の進め方を考える場合、最初に必要な作業は計画の策定です。計画の策定にはいくつかの方法があり、何を企業に求めるかによって策定される方針は異なります。

 新しく方針を策定するのであれば、理想を実現する形で計画が策定されることになりますし、継続して経営が続いているのであれば、計画は常に前期の経営を意識した形でたてられることになるでしょう。

 また、具体的な問題に直面しているのであれば、計画は問題解決という形で提示されると思います。方針をどのように現実化していくのかを考えることが計画であり、計画が無ければ方針管理は成立しません。まず最初に方針管理に必要な全体の計画を策定することが求められます。

実行して検証する

 方針管理の基本計画を策定したら、その計画に従って方針管理を実行することになります。方針管理の手法はいろいろありますが、主な手法は目標の設定です。企業の方針を満たすような目標を設定することで、従業員は自分のなすべき仕事を明確に理解することが可能になり、目標達成を目指して仕事をすることで方針管理に沿った形で働くことができるでしょう。

 実際にどれだけ方針に沿って働くことができているかは、随時チェックをして方針からずれないように注意しなくてはいけません。どれだけ理想的な目標を設定したとしても、正しく実現されていなければその目標は全く効果を発揮していないことになってしまいます。

 目標の達成度合いは、期末ごとに検証して達成度を評価しましょう。期限を区切って達成度を評価することで、従業員の取り組みへの意欲を計り、より理想的な形で方針管理を行うことができます。

問題点を分析し、改善する

 方針管理に沿って経営を進めたとしても、必ずしも理想的な成果が得られるとは限りません。結果を検証したら問題点を分析し、問題点を解決する形で改善の努力をする必要があります。問題点は成果に影響を与えることもありますが、直接的な形で表面化していない問題点もあるでしょう。

 理想的な方針管理の進め方で経営を実行するためには、プロセスの中に潜む潜在的な問題点を洗い出すための取り組みを、業務手順の中に導入する必要があります。



 最善の方針管理の進め方を実行したとしても、得られる成果が最善のものである保証はありません。方針管理で重要なのは方針がブレないようにすると同時に、ブレてしまった方針をいち早く修正することです。

 常に方針管理を意識するようなプロセスを作ることが業務改善につながり、全体の品質を引き上げます。方針管理の意識を徹底して、企業全体の効率改善に努めてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する