1. 【スメハラ対策大全集】職場で「この人クサい…」と言われないための簡単テクニック

【スメハラ対策大全集】職場で「この人クサい…」と言われないための簡単テクニック

 最近、職場に蔓延し始めている「スメハラ」。自覚症状がある人はまだ良いかもしれませんが、「スメハラ」の難点は自覚症状がない人が多いこと。

 自分では問題ないと思っていることが、女性からすると我慢ならない…と感じていることも少なくありません。男性が「スメハラ」の容疑者にならないための対策をまとめました。

口臭チェック&対策方法

 「スメハラ」の悩みとして、多く挙げられるのが口臭。まずは、自分の口臭がクサいかどうかチェックしてみなければなりません。主なチェック方法は下記の2つ。

1. 紙コップやビニール袋を使う

 簡単にできる口臭チェック方法として、まず挙げられるのが、紙コップやビニール袋を駆使したもの。コップやビニール袋に息を吐き、そのニオイをチェックします。

2. 舌チェック

 2つ目が、自分の舌を見て口臭をチェックする方法です。自分の舌を見て、白や黄色の
苔状の物がついていたら、それが口臭の原因になっているかもしれません。

簡単にできる口臭対策

 まずは簡単にできる口臭対策が「ガムを噛む」ことだそうです。

ガムを噛むことで唾液の分泌量が促進され、口臭を抑えることができます。噛んで唾液を出すことが必要なので、消臭タブレットよりガムのほうが良いでしょう。とくに、キシリトールが配合されたガムが効果的です。

出典: 新・嫌がらせ スメハラ容疑に注意せよ - ライブドアニュース
 飴やグミなどを口に入れる習慣をつけておくと、少しずつ口臭が改善されていくかもしれませんね。

 また舌チェックを行って、自分の舌が汚れていると分かった場合は、専用の舌ブラシを買って対策すると良いでしょう。

体臭チェック&対策方法

 「口臭」の次に多い悩みが「体臭」です。体臭も「口臭」と同じく、自分自身でチェックすることができます。では、どのようにチェックするのがベストなのでしょうか?

お風呂に入った後に、着ていた服のニオイを嗅ぐ

 体臭をチェックするのであれば、お風呂に出た後が効果的です。お風呂の後は、鼻が敏感な状態になっているため、その状態で今まで着ていた服のニオイを嗅げば、他人が感じているニオイが分かります。

簡単にできる体臭対策

 体臭を改善するには、まず「食」からです。お肉などの油っぽいものやニンニク・ネギといったものを食べるのをなるべく避け、下記のような食べ物を食生活の中心に据えましょう。

「緑黄色野菜」を中心に、体臭の原因となるニオイ成分を体外へ排出してくれる「海藻類」、タンパク質を体外に排出するのを抑え体臭を消す効果がある「レモン」や「梅」、「酢」などもバランスよく食生活に取り入れましょう。

出典: 新・嫌がらせ スメハラ容疑に注意せよ - ライブドアニュース
 また、ハンカチを常に用意しておき、汗をかいたらこまめに拭くようにすると、ニオイの発生が防げます。とにかく細かい気遣いが、体臭を抑える効果的な方法と言えるのではないでしょうか。

クサいと思われない「香水」のつけ方

 自分では良いニオイだと思ってつけている香水も、「スメハラ」になってしまっている可能性が高いのです。また香水が気になる場所の1位に「職場」が挙がっており、こういった声も挙がっています。

職場で派遣の人?が自分の好きな香りをこれでもかって付けているらしく隣のパーティションにいたのですが、あれは参りましたね。席に戻るたびに臭いをキツく感じて集中力が落ちました。自分の好きな香りでもあれだけ匂うと嫌ですね。

出典: 香水の匂い 好きですか 嫌いですか (1/2) - アンケート - 教えて!goo
 香水をつける際の適量は1〜2プッシュです。香水をつけて、自分で「いい香り」と感じたらつけ過ぎたと思った方が良いかもしれません。よく手首や首回りにつける人がいますが、下半身につけると優しく香るみたいです。

柔軟剤で相手を不快にさせないために

 柔軟剤のニオイに苦しめられてる人も、年々増えているそうです。自分が良いニオイだと思っていても、相手にとって不快なニオイということは多くあります。

全国の消費生活センターには、柔軟剤の香りをかいで「気分が悪くなった」、「頭痛がした」などという相談が急増しています。
件数は、5年前の5倍近くに上ります。

出典: 香り付きの柔軟剤 過度な使用に注意|特集まるごと|NHKニュース ...
 柔軟剤は、とにかく規定量よりも少なく入れるしか対策はないでしょう。また「ダウニー」や「レノアハピネス」は香りが少し強いと言われているので、使用する柔軟剤にも配慮すると良いかもしれません。


 気づかないうちに「スメハラ」の容疑者になっていた、という事態は避けたいもの。夏場は少し生活習慣を見直すと、ニオイで相手を困らせることはなくなるかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する