1. 毎日の仕事に疲れない方法は体のパーツに負担をかけないことだった!

毎日の仕事に疲れない方法は体のパーツに負担をかけないことだった!

 毎日の仕事に疲れたというアナタ。疲れが蓄積していて体が悲鳴を上げていませんか?体のパーツに負担をかけないようにして、仕事で疲れないようにしましょう。ここでは、毎日の仕事に疲れない方法として、各パーツの負担軽減方法を紹介します。

パソコンやスマホの画面から目を守る!

Q.眼精疲労の主な症状は?
目の症状としては、目が疲れる・ぼやける・かすむ、目が痛い、充血する、目が重い・しょぼしょぼする・まぶしい・涙が出る。体の症状としては、肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気などがあります。

出典: 第9回 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を | 頑張る ...
 パソコンやスマホの画面を見つめることが多いビジネスマンは、眼精疲労になりやすいと言えます。目がかすんだり、見にくいという症状がある人は、要注意です。

パソコンに向かうときは照明の明るさに注意したり、窓からの光が画面に反射しないようブラインドで光を調整したりしましょう。
画面は少し見下ろすようにし、目からキーボードや資料の距離は画面と同じ距離になるようにしたほうが楽です。また、空調の風が直接目に当たるとドライアイを引き起こしやすくなるので注意してください。

出典: 第9回 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を | 頑張る ...
 パソコンの画面の明るさを調節したり、目の位置をなるべく変えないように工夫することが重要になるようです。

 最近流行りの、ブルーライトカットのメガネをかけることもオススメ。ブルーライトをカットすることで、目の負担が大きく減り、作業効率もアップするかも。睡眠不足の解消にも繋がるみたいですよ。

ガチガチ肩こりはストレッチで解消!

 デスクワークが続くと、肩こりが酷くなって肩まわりがガチガチに…なんてことも。肩こりは頭痛の原因になってしまったり、血行が悪くなり冷え性の原因にもなります。ストレッチをして、肩こりを解消しましょう!

腰痛にならない正しい座り方のポイントは「まっすぐ」

①ひざをつける
太ももをそろえてひざをつけます。

②ひざの角度は90度にします
ひざから下を自分の方にひくようにして、ひざ下を真っ直にします。

③お尻と腰も90度にします
お尻を後ろに引いて、背中を立ててここも直角にします。

④おなか真っ直ぐ伸ばします
おなかに線が入らない(段腹にならない)ように、背中とおなかをくっつけるようなイメージで。

⑤頭はまっすぐにする
頭は前に出すぎず、あごを引いて首の上にしっかり載るようにします。

出典: 集中力が驚くほど継続する! 腰痛しらずの正しい座り方|姿勢の達人 ...
 座って仕事をしていると腰にダメージが来ますよね。ぎっくり腰などになってしまうと、会社を休むことになってしまい、迷惑をかけることも。正しい座り方をして、腰痛を未然に防ぐとともに、腰への負担を減らしましょう。ポイントは「まっすぐ」。ピシっとした座り方が体への負担を減らしてくれます。

脳の疲れは甘いもので取る!

脳の疲労回復に甘いものは効果的なのです。頭をフル回転させる同時通訳の方にとって仕事中のチョコは必需品。甘いものに含まれる砂糖が体内で素早くブドウ糖に変化。脳の疲労をとるだけでなく、脳のはたらきを助けるからです。

出典: 脳の疲労を回復する方法 - 食べ物・睡眠・香りなど - ナチュラルハーモニー
 脳の疲れを癒やすには、まず甘いものがベスト。糖分が脳の栄養になり、脳がリフレッシュされます。ただ取り過ぎは、体の疲労感が増えてしまいますのでご注意を。


 ここでは、仕事に疲れない方法を体のパーツに分けて紹介しました。ちょっとした工夫をするだけでも、体への負担は大きく減ります。ぜひ参考にしてみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する