1. 【話し方に自信がない人に贈る】信憑性が増す話し方のたった2つのコツ

【話し方に自信がない人に贈る】信憑性が増す話し方のたった2つのコツ

  • 6452views
  • 2fav

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 人の印象を形作る要素として大切な「話し方」。話し方1つで、自分に自信を持って話しているのか判断されてしまいがちです。話の内容は変わらないのに、話し方だけで信憑性や自信まで判断されてしまったら嫌ですよね。では、話し方に自信のない人はどうしたら良いのでしょうか?ちょっと気を付けるだけですぐに変わるコツを2つご紹介します。

【1】目つきを工夫する

 目は口ほどにものを言うという言葉がありますよね。その言葉の通り、目からは想像以上に様々な感情を汲み取ることが出来ます。まず、一対一で話をしている時には、 きちんと相手の目を見て話すようにしましょう。また、 笑顔を時々入れるのもいいでしょう。逆に、下を向いたまま話したり、別のところをちらちら見ながら話した場合、話をされている相手は、適当に話しているかと、集中して話していないという不快感を持ちます。

 また、 目を大きく開くことも必要です。目を大きく開けることで、睨んでいるような目つきがなくなります。睨んでいるような目ですと、聞いている相手に威圧感を与えてしまいますので注意しましょう。

【2】深呼吸をしてスピードを工夫する

 自信のない人の話し方の共通点の1つとして、早口があります。早口で何かを説明されると、聞き取りづらいですよね。まして、あなたがこれから話す内容が、相手にとって初めて耳にするような話であれば、なおさらのことです。

 早口を直す方法としておススメなのが、深呼吸です。自然と言葉をゆっくりと話さずには、いられなくなります。早口になる原因のひとつに、緊張がありますね。この緊張状態を緩和する効果も、深呼吸にはあるんですよ。


 いかがでしたか?話す内容はとてもいいのに、話し方1つで相手に興味を全く持ってもらえないということは悲しいことですがよくあることです。話し方で損をしないためにも上記の2つのコツを身に付けて実行してみて下さい!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する