1. コミュニケーション能力が高い人の共通点から学ぶ!対人関係を円滑にするための秘訣

コミュニケーション能力が高い人の共通点から学ぶ!対人関係を円滑にするための秘訣

by Takashi(aes256)
 コミュニケーション能力とは、仕事や人間関係を良好に進める為の意思疎通能力です。コミュニケーション能力が高い人にはいくつかの共通点があります。コミュニケーション能力が高い人の特徴を抑え、自身のコミュニケーション能力を養っていきましょう。

【1】口調や表情などについて

 口調や表情はコミュニケーション能力の基本です。口調や表情を上手く使わないと良いコミュニケーションは取れません。

 コミュニケーション能力の高い人は、はっきりとした聞き取りやすいやや低めのトーン、聞き取りやすい一定のリズムで話します。また、常に一定ではなく話の内容に合わせてトーンや喜怒哀楽の表情に変化を加え、要点とそうでない所に強弱をつけて話しています。この点が十分出来ていると、コミュニケーションが取りやすく円滑に話が進みます。

 逆にトーンが高すぎたり低すぎたり、リズムが早すぎたり遅すぎたり、表情が無かったり強弱がなかったりすると、話がそもそも聞き取りずらく頭に入らなかったり、何について話したいのかがよく伝わりずらくコミュニケーションが円滑に進まない原因となります。これらはコミュニケーション能力が乏しい人にありがちな特徴となります。

【2】会話のバランスについて

 よくしゃべる人や気の効いた事が言える人がコミュニケーション能力が高いと思われがちですが、それだけではコミュニケーション能力が高いとは言えません。話のキャッチボールが円滑に出来き、お互いの意思疎通が円滑に出来るかがコミュニケーションの重要なポイントとなります。

 コミュニケーション能力が高い人は、意思疎通が円滑にできる様、お互いの会話のバランスを考えて話を進めています。自分が伝えるべき事は要点を纏め簡潔にしっかりと伝え、かつ自分が主導にならず、相手に話しやすい話の流れとし、相手の話をじっくりと聞きます。これが十分に出来ていると、相手は好意的に話が出来き円滑なコミュニケーションがとれます。

【3】話の構成について

 コミュニケーションには話の構成も大切です。同じ内容でも構成や流れがしっかりと出来ていない話ですと、相手に関心を与えられなかったり、何について話たいのかが伝えられなかったりとコミュニケーションを妨げる原因となりかねません。特に仕事上で商品を薦める場面や、重要な議題を話す場面などでは話の構成力は非常に重要となります。

 コミュニケーション能力の高い人は、この話の構成力が優れています。何についての話であるかのポイント、議題とするポイント、裏づけや後押しとなるポイントなど抑え、相手が参加しやすい様な話の構成とし相手を誘導します。

 これが十分に出来ていると、相手に内容がしっかりと伝わり相手も積極的に話に参加してくるので、円滑なコミュニケーションがとれます。


 コミュニケーションにはこのような事が必要であり、コミュニケーション能力が高い人はそのポイントを抑え実施してる人です。決して元からの才能の問題ではないので、心掛けと実践次第でコミュニケーション能力は高くなるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する