1. 飲み方で格段に集中力の持続性が違う!エナジードリンクの効果的な飲み方のコツ

飲み方で格段に集中力の持続性が違う!エナジードリンクの効果的な飲み方のコツ

飲み方で格段に集中力の持続性が違う!エナジードリンクの効果的な飲み方のコツ 1番目の画像

 仕事で残業続き……気合いを入れるために、エナジードリンクを飲みたくなることっもあるだろう。

 今回は、エナジードリンクに頼っても眠気が治らず、集中力が続かない——という事態を避けるべく、効果が格段に持続する飲み方のコツを紹介したい。

エナジードリンクの効果的な飲み方①:食後に飲む

食後30分以内は消化器官の働きが活発

目安として、栄養補給のためのサプリメントは、食べ物と一緒に消化できるよう、食事で消化器官の働きが活発になっている食後30分以内に飲むといいでしょう。

出典:サプリメント | サプリメントの飲み方のご紹介

 一般的に、食後30分は胃液が分泌されているため、栄養が吸収されやすい状態になっているといわれている。

 サプリメントなどの栄養剤が食後に摂取することを指定しているのは、栄養が吸収されやすいからなのだ。

 様々な栄養素が含まれるエナジードリンクも、食後のタイミングに飲めばその効果が期待できる。

エナジードリンクの効果的な飲み方②:ポカリと一緒に飲む

 SNSでレッドブルファンが提案したことで話題になった飲み方が「レッドブルのポカリ割り」。

 レッドブルの風味が薄まることで、「飲みやすくなる」と感じる人もいるようだ。

 エナジードリンクの量をカサ増しすることができるので、1本を1日かけてゆっくりと飲むことができる。

 作り方は以下の通りだ。ゆっくりエナジードリンクを飲んで、持続的にエネルギー補給をしたい方はぜひ試してみてほしい。

「レッドブルのポカリ割り」作り方

  • ポカリ500mlのラベルの上側のラインまで中身を減らす
  • 中身を減らした分、エナジードリンクを注ぐ
  • 炭酸が泡立たないように、軽く振って混ぜ合わせる

エナジードリンクの効果的な飲み方③:重要な仕事の30分前に飲む

 重要な会議や打ち合わせに眠そうな顔で行ってしまうと、プレゼンしている内容に説得力が無くなってしまう。

カフェインの効果は30分後くらいから表れる

 重要な仕事にシャキッとした顔で臨むためにも、仕事が始まる30分前にエナジードリンクを飲もう。

カフェインを摂ってから覚醒効果を発揮するまで、30分のタイムラグがあります。

出典:眠気対策の切り札・カフェインはいつ摂るのがベスト? [睡眠] All About

 エナジードリンクに含まれるカフェインの効果が表れるのは、摂取してから30分後だといわれている。

 会議や打ち合わせがあるときは、本番中に効果が出るようにエナジードリンクを飲むタイミングも考えておこう。


効果的なエナジードリンクの飲み方④:就寝前に飲む

飲み方で格段に集中力の持続性が違う!エナジードリンクの効果的な飲み方のコツ 2番目の画像
出典:www.amazon.co.jp

疲労回復を図るなら、ビタミンB類やタウリンを含むノンカフェインのエナジードリンク!

 就寝前に疲労回復に必要な栄養素が含まれているエナジードリンクを飲むことで、睡眠中に疲労回復を図ることができるともいわれている。

 ただし、カフェイン入りのエナジードリンクを飲むと、脳が覚醒して眠れなくなってしまうので、寝る前に飲むエナジードリンクはノンカフェインのものを選ぶようにしよう。

効果的なエナジードリンクの飲み方⑤:短期集中ならアルコール成分入り

 あと1時間だけ集中したい……!と、仕事で短期集中をしたい人には、アルコール成分が多く含まれているエナジードリンクがおすすめ。

 アルコール成分によって、シャキッとした顔で仕事に望むことができる。

アルコール入りのエナジードリンクを飲む際の注意点

飲み方で格段に集中力の持続性が違う!エナジードリンクの効果的な飲み方のコツ 3番目の画像
出典:www.amazon.co.jp

 ただし、アルコール入りのエナジードリンクは、効き目がきれてしまうとドッと疲れが出ることもある。

 そういった副作用があることは念頭に置いた上で、エナジードリンクを飲むようにしよう。


 エナジードリンクを効果的に飲むコツについて紹介してきた。

 エナジードリンクを飲んでもいまいち効果がない……という人は、物は試しに今回紹介した方法を試してみてほしい。

 とはいっても、エナジードリンクは「疲れているとき」や「眠いとき」に飲むもの。頻繁に飲むものでもなければ、たくさん飲めば飲むほどに効果が出るというものではないので、用法・用量を守って飲むようにしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する