1. 話題の本や名著を3分で理解!ビジネス本の要約がわかる「Quickreads」

話題の本や名著を3分で理解!ビジネス本の要約がわかる「Quickreads」

 忙しいビジネスマンともなると、なかなかビジネス本を読んでいる時間もないですよね。どうせ読むのであればいい本を読みたいと思う方も多いのではないでしょうか。そんな忙しいけど読書はしたいというビジネスマンにおすすめしたいアプリが「Quickreads」というアプリです。このアプリでは、3分でビジネス本の要約が読めます。ここでは、ビジネス本の要約を紹介してくれるアプリ、Quickreadsの機能を紹介します。

話題の本を3分で読める!

忙しい毎日を送るビジネスパーソンに変わって、Quickreadsが最近の話題に関連する本や、ビジネスパーソンなら押さえておくべき本をコンパクトにまとめてご紹介します。

3分くらいで読めるので、通勤やデスクランチの時などのスキマ時間を使って効率的に情報を収集できます。

出典:Quickreads | 情報工場
 Quickreadsでは、話題の本や、ビジネスマンであれば必ず読んでおきたい!と思えるような本を1200字程度の要約にまとめて紹介してくれます。

日本人の3人に2人は、読書スピードは400文字~800文字/分の範囲にあることが分かっています。平均読書スピードは毎分600文字で、文庫本1ページの平均文字数が約600文字(古い文庫本には800文字ほどのものもあります)ですから、1分間に1ページを読んでいる、というスピードになります。

出典:あなたの読書スピードと、日本人平均値の関係 | SP速読学院
 日本人の平均の読書スピードは、およそ1分間で600字程度。この読書スピードを考えると、3分で1つの要約が読める計算になります。まさに、忙しいビジネスマンにうってつけの本の要約アプリと言えるでしょう。

要約が的確で読みやすい!

 Quickreadsを開発した会社は、もともと企業や個人向けに売るサービスを行っていて、現在も4万人のユーザーが要約サービスを使っています。Quickreadsは、その要約サービスよりも短い要約を読むことができるのですが、「流し読みでテキトーにまとめているのかも…」というような不安がなく、要約が的確で読みやすいというのが、大きな特徴と言えるでしょう。

通勤時間に最適な機能が!

 Quickreadsの良い点は、通勤時間にパッと読める機能が付いていることではないでしょうか。お気に入り登録をしておくと、本の要約はダウンロードされて、電車の中や電波の届かない場所でも読むことができます。いつでもどこでも、本の要約を読むことができて便利です。

しっかり読んだかをチェックできる!

内容紹介を読んだ後で、クイズでポイントを確認することができます。正しい答えだと思うものを選択してください。間違ってしまった場合には、解説で確認してみましょう。

出典:Quickreads | 情報工場
 スマホで文字を読むと、なんとなく、読み流してしまって効果がなさそう…と思う方も安心の機能が、理解度をチェックするクイズ機能です。実際の本の要約から、クイズが出題され、どのような本だったのかがチェックできます。


 要約サイトは数多くありますが、その中でもわかりやすい要約が掲載されていて、便利な機能が付いているという点でオススメできるアプリとなっています。ビジネスマンの通勤のお供に、本の要約アプリ「Quickreads」をぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する