1. 知らないうちにやっている!?印象が悪いと思われてしまう3つの行動

知らないうちにやっている!?印象が悪いと思われてしまう3つの行動

by archer10 (Dennis)
 人間関係を良好に築く上で印象は大切です。仕事でコミュニケーションを図る上でも出来れば良い印象を持ってもらいたいものですよね。ただし、自分が気をつけていても、「この人はなんだか感じが悪いな......」と悪い印象を与えてしまうこともあります。そんなことにならないためにも、今回は知らない間に悪い印象を与えてしまう行動を紹介します。

1, 話に合わない相槌を打ってしまう

 会話をしているときに相槌を打つことは、コミュニケーションを円滑にします。ただし、その場に合わない相槌を打ってしまうと「この人は真面目に話を聞いていないのかな」と相手に思わせてしまいます。

 相手に悪い印象を与えないためにも、相手の話を聞いているときに極端に多い相槌を打ったり、曖昧に同意をしてしまうことは避けた方が良いでしょう。

2, 身だしなみが整っていない

 待ち合わせの相手がシワの寄ったシャツやボサボサの頭で目の前に現れたらどのような印象を持つでしょうか?人は中身が大切ということも言われますが、人柄などの中身と同じく身だしなみは非常に重要です。

 どんなに頭のキレる優秀な人だったとしても身だしなみがしっかりしていなければマイナスポイントになってしまいます。急いでいたとしても、誰かと顔をあわせる前には鏡を確認するのがマナーです。

3, 周りへの気遣いが出来ない

 気遣いが出来ない人は印象も悪くなってしまいがちです。特に人が大勢集まる場所ではビジネスマンのマナーとして気遣いを心がけるべきです。

 大丈夫ですか?何か手伝うことはありますか?とさりげなく声掛けを行うことが出来ればあなたの印象もアップするでしょう。


 印象が悪くなってしまいがちな行動を紹介しました。人と接するときは上記のポイントを意識して相手の印象を良くすることを心がければ仕事もスムーズに進むかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する