1. あっつーい夏の熱中症予防に麦茶がベストな飲み物である4つの理由

あっつーい夏の熱中症予防に麦茶がベストな飲み物である4つの理由

 夏はとにかく暑い!と感じる季節。熱中症に万全の対策をしたいところです。夏になると飲みたくなる麦茶は、実は、夏の熱中症予防にベストな飲み物と言えるそうです。ここでは、なぜ、夏の熱中症予防に麦茶がベストなのかを紹介します。

1. 体を冷やしてくれる!

「大麦」「小麦」は「体を冷やす食べ物」に分類されることがあるようです。

出典: http://www.murao18.com/shokumotsuzenpan/karadawohiyasu&.html
 麦茶が作られる、大麦は、体を冷やす働きがあります。熱中症にならないためには、体の熱を下げることが重要。麦茶を飲むことで、体の温度を冷たいままで保つことができます。

2. 失われがちなミネラルを補給できる!

 熱中症対策に重要なのが、水分とともに、ミネラルを補給することだということは良く知られています。ミネラル入りの麦茶を飲むことで、汗で失われてしまうミネラルもすぐに補給することができますよ。

3. 血液がサラサラに!

麦茶が持つ独特の麦の香りの素は「ピラジン」という成分。これは血管内に血栓をできにくくする、いわゆる血液サラサラ効果を持っています。今年もすでに死者まで出てしまっている「熱中症」は、大量の汗をかくことで体内の水分量が減り、血液がドロドロになることで起こります。

出典: 夏と麦茶。 - スピリチュアル情報のトリニティ
 麦茶に含まれる成分は、血液をサラサラにする効果があるそう。実は、血液がドロドロになってしまうことが、熱中症の原因になるそうです。麦茶を飲むことで、サラサラ血液になって熱中症を予防できるかも。

4. 水分をキープできる!

夏の暑い時期に水代わりにコーヒーなどを飲むと、利尿作用により水分の排出が促進され、気付かない間に脱水症状に陥る危険があるとされています

出典: 利尿作用とは - カフェインマニア
 夏に緑茶やアイスコーヒーを飲んでしまうと、利尿作用が働いて、せっかくの水分もすぐに失われてしまいます。しかし、麦茶はカフェインが入っていないため、長い時間体に水分をキープすることができるでしょう。


 ここでは、夏の熱中症対策に、麦茶がベストな飲み物である理由を紹介しました。これだけ良い理由があるのであれば、もう麦茶を飲まない手はないですね。暑い夏は毎日の飲み物を麦茶に変えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する