1. 熱い飲み物も効果的!?実は熱中症予防につながる意外な対策法まとめ

熱い飲み物も効果的!?実は熱中症予防につながる意外な対策法まとめ

 暑い夏は、ビジネスマンも、熱中症対策を十分にすることが重要になります。特に、外回りの営業マンなどは、炎天下歩くこともあり、特に注意が必要ですね。実は、あっつあつのお茶も、熱中症対策になることは知っていましたか?ここでは、意外な熱中症対策を紹介します。

あっつあつのお茶を飲む

意外なことだと思いますが、熱いシャワーや、熱い飲み物も熱中症予防に効果があります。熱中症を防ぐには、体の熱をどんどん外へ逃がしていくことです。熱いシャワーを浴びたり、熱い飲み物で体温が上がると、その分だけ外気に熱が逃げやすくなります。

出典:熱中症予防のために-熱中症対策-熱中症を知ろう
 熱中症を防ぐために重要なのは、体から熱を逃がすこと。熱い飲み物を飲むことで、体温が上がると、体の熱が逃げやすくなるため、熱中症の対策になるようです。ただ、熱い日になかなか熱い飲み物を飲む気にはなりませんよね…。

湯船に浸かる

 熱い湯船に浸かることも熱中症対策になります。暑い夏はシャワーで済ましがちですが、しっかりと湯船に浸かりましょう。熱中症になってしまうのは、汗をかく習慣がないからかも。湯船に浸かることで、汗をかいて、体が夏に慣れていきます。

牛乳を飲む

牛乳には、アルブミンというたんぱく質が含まれているからなんです。アルブミンには、血管内に水分を引き込んで、血液を増やす作用があります。

血液量が増えると、皮膚に近い末梢の血液量も増えますので、汗をかきやすくなったり、皮膚表面から熱を放散する機能が高くなったりします。
つまり、体温を調節しやすくなるんですね。

出典:熱中症予防には、牛乳を飲もう! / 熱中症情報サイト
 牛乳を飲むのも意外な効果が。牛乳には、塩分などが含まれておらず、なんとなく熱中症対策とは無縁の存在と思いがちですが、牛乳に含まれるタンパク質が体温の調節を助けてくれ、熱中症対策になります。

朝ごはんを和食にしてきちんと食べる

熱中症死亡事故は午後の日差しの強い時もさることながら、意外に午前中、10時から12時に多く起こっています。

出典:視点・論点 「熱中症予防に朝ごはん」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK
 意外なことに、熱中症になりやすいのは、午前中の時間帯だそうです。暑いときは、自然と熱中症の予防ができていても、朝となると、あまり対策ができていない場合も多いでしょう。

水分量と聞いて皆さんがイメージするのは「飲水」だと思いますが 必要な水分量は水やお茶が全てという訳ではありません。 食事の中にも水分は含まれているのです。

出典:在宅医療勉強部屋 | 鳳優会
 食事にも多くの水分が含まれていると知っていましたか?しっかりと食事を取ることで、熱中症を予防することができます。

 おすすめしたいのが、和食を朝食にすること。みそ汁や醤油で、自然と塩分も補給できます。


 ここでは、熱中症の予防に繋がる意外な対策方法を紹介しました。意外な方法でも、キチンと予防をすることができます。ぜひ参考にしてみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する