1. やりきる力を身につけろ!集中力を持続するコツは「ゴールの設定」

やりきる力を身につけろ!集中力を持続するコツは「ゴールの設定」

by Ian Sane
 仕事を最後までやりきることができずに途中で飽きがきてしまうという事はないでしょうか。何かに取り組んでいても、つい他の作業に手をつけてしまい、それまで行っていたことを後回しにしてしまうといった感じの事です。

 持続性が無いといえばそれまででしょうが、集中力が続かないのは困ったものです。そこで、最後まで仕事をやりきる力をどのようにして身につければよいのかを挙げてみたいと思います。

集中力が続かない理由

 仕事を最後までやりきることができずに、他のことに目が移ってしまう原因はどこにあるのでしょうか。ひとつには、ゴールが見えないことに対する落ちつかなさがあるのではないかと思います。

 いつ終わるのかわからない仕事を続けるというのは、確かに辛いものがあります。逆に、もうすぐゴールが見えるとわかれば、もうひと踏ん張りしようという気にもなるものです。

目先のゴールを常に作り続ける

 仕事を最後までやりきるためには、そのようなゴールを作り続ける必要があります。所詮、仕事には終わりがありゴールはあるはずなのですが、それが見えないためにどうしても最後までやりきる事ができないわけですから、その工程でいくつもの小さなゴールを自分なりに作る必要があるということです。

 そして、ひとつクリアしたら次のゴールに向かって仕事を続けるわけです。その繰り返しによって、持続して仕事に取り組めるようになっていきます。つまり、自分なりに続けることができるような仕組みを作るということが必要というわけです。

ゴール設定の方法を工夫する

 仕事を集中して続けるためには、それなりに工夫が必要となるでしょう。そのポイントは、いかにゴール設定ができるかという事になります。途中で投げ出すことなく、最後まで続けることができるように、ゴール設定を工夫することです。

 また、そのための効率化を考えることもできるようになれば、今度は楽しく仕事をする目標が生まれます。義務からではなく、自分なりに目標を立てて仕事を行えるようになれば、時間が経つのが早く感じられるはずです。この作業をもっと早くこなせるようにしよう、といった具合に目標を立てることができれば、やりきる力もついてくるものです。


 以上のように、集中力が途切れてしまわないように、ゴールを如何に設定できるかが、やりきる力を身につけるために一番大切なことなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する