1. コミュ障を改善したい人へ!3つの方法を実践するだけでコミュ障が治る

コミュ障を改善したい人へ!3つの方法を実践するだけでコミュ障が治る

by MCTIGovBr
 コミュ障だと思っている人は多いと思います。しかし、それを改善しようと思ってもなかなかいい方法が思いつかないでしょう。そこで今回は、コミュ障を改善するためにやるべき改善方法を簡単にご紹介します。

場数を踏んでみよう 

 コミュ障を手っ取り早く改善する方法は、場数を踏むことです。コミュニケーションは、とにかく誰かと場数をこなすことでだんだん向上していきます。だからこそ、数をこなすことが重要なのです。 

 最初はちょっと緊張してしまって会話が続かないかもしれません。しかし、それを振り払い何回も数をこなすことによって、コミュ障が改善されていきます。

 そして、場数を踏むことで、むしろ何も感じなくなっていくでしょう。コミュニケーションを失敗して死ぬことはありませんから、まずは何回も数をこなしてみることが大切です。 

聞く側にまわる 

 コミュ障の人は、会話が苦手だなと思っている人が多いかもしれません。おそらく、その多くが何をしゃべったらよいかがわからないことが理由なのではないでしょうか。そういう場合には、聞く側にまわることでコミュニケーションをとることができます。

 もちろん最低限のことは、しゃべらなくてはいけませんが、最初から何をしゃべろうか少し準備しておけば、戸惑うこともなくなるでしょう。相手にはしゃべってもらい、こちらは笑顔で、たまには相槌を打って聞くに徹するのがポイントです。

質問をしてみよう

  聞くことをしてみたら、次はたくさん質問をしてみましょう。 別に特別なことを聞かなくてはならないわけではありません。聞いていた内容のうち、自分がちょっと気になった点を質問してみたらよいのです。

 そのためには、「聞く」ことも必要ですが、相手のことに興味を持つことも必要です。 また、質問は事前準備でどうにかなります。特に客先等であるならば、インターネットでホームページをよく見てみましょう。それ以外にも多くの情報は世の中に氾濫していますので、情報を入手し、事前に質問をいくつか考えておくのも一つの手です。 

 コミュ障の改善を行うには、何でも最初の一歩が大切です。その本当にちっちゃな勇気を振り絞って一歩を踏み出してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する