1. 簡単に全体指揮が高まる!方向性を指し示すことによって得られる3つのメリット

簡単に全体指揮が高まる!方向性を指し示すことによって得られる3つのメリット

by Gattou - Lucie Provencher
 仕事において方向性を示すことは非常に大切なことですよね。会社全体をまとめる意味でも、プロジェクトのメンバーの団結力を強めるためにも方向性を示すことは必要になってきます。具体的にどのようなメリットがあるのか、その重要性を紹介していきましょう。

共通認識

 会議や打ち合わせにおいて、参加者の意見に対立がみられるような場面はよくあります。お互いに立場があり、押し通したい意見もあるので、なかなか意見もまとまりません。そんな時に必要なことは、お互いに何を一番大事にしているかということになります。

 方向性が一致していれば、共通認識をもって、お互いに歩み寄ることもできますし、場合によっては自分が引く側であると判断することもできるのです。部署ごとに自分の利益を守ることに走らないようにするためには、方向性を指し示すことが非常に大切になってきます。

一貫性が保たれる

 外部からの問い合わせがあった場合に、対応した人によって言うことが違うと困惑してしまいます。けれども、方向性を示されていれば、そのようなことはありません。会社の求めるものや方針が浸透されていれば、誰もが同じ応対をできるようになります。そして、会社のイメージも一貫して伝えることができるでしょう。

効率性が上がる

 方向性が示されていれば、どの部署においても作業の効率性を高めることができます。そして、無駄を省くことができるので、利益率も上げることができるでしょう。これが、方向性を示すことの三つ目のメリットになります。


 以上のように、方向性を示すことは全社的に一体感を持たせるためにはとても重要なことです。皆が同じ方向を向いて取り組むことにより、無駄なく効率的に進めることができますし、経営上の改善をする場合にも、一致団結して進めることができるようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する