1. 最近人気のUターン転職!理由は人の”あたたかみ”にあった

最近人気のUターン転職!理由は人の”あたたかみ”にあった

by kevin dooley
 最近、話題になっているのが、Uターン転職とIターン転職。いずれも、大都市で働いていた人が、地方の企業に再就職する転職スタイルです。なぜ希望する人が増えているのでしょうか。ここではテーマをUターン転職に限定し「そもそも、Uターン転職とは?」というところから説明していきます。

Uターン転職とは?

 大都市の企業に勤務していた人が、現在の勤め先を退職して、生まれ育った地方で再就職するのがUターン転職です。多くの場合、地方に生まれ育ち高校まで地元で生活し、大学進学で大都市に移り住み、そのまま就職。就職した会社に何年か勤務したのち、「田舎へ帰ろう」と考えて帰郷するのがUターン転職ということにになります。

Uターン転職する多くの理由

 Uターン転職を選択する理由には、いくつかのパターンがあります。まず、「大都市での生活に疲れた」という理由があるでしょう。大都市にあこがれてそれを実現したにもかかわらず、それをやっていくうちに自分には向いていないと気づく。そして、故郷での人生の方が自分には向いていると考えるのが、Uターン転職の多くの理由になります。

人生設計

 では、他の理由にはどのようなものがあるでしょうか。多くの人が、学生時代は「人生設計」について、真剣に考えることは少ないでしょう。とにかく就職しなければと考えて、就職活動する人が多いはずです。「人生設計」について考えるのは、社会人になってからになります。そして「現在の生活に大きな不満や問題はないが、長い人生を考えたとき、この生活がベストのものとは思えない」という考えにいたるのです。

 そのとき、もっとも現実的な選択肢となるのが、Uターン転職。「人生設計」は、より前向きな理由と言っていいでしょう。

人のつながり、家族

 さらにUターン転職にも共通している理由があります。それは「人のつながり」です。故郷に帰れば、両親や兄弟、親類との密接な関係が復活します。復活するのはそれだけではないでしょう。近所の人間関係や、もっと大きいのが幼なじみや同級生たちとの関係です。

 そうした密な人間関係は、大都市での生活では望み得ないものかもしれません。もちろん、大都市に出てから築いた人間関係は、Uターン転職によって希薄にはなります。しかし、故郷の人間関係の密度の濃さを考えると、Uターン転職を選択する人が多いのです。

 以上がUターン転職をする人の理由になります。もし人生設計や人間関係で悩んだりしたら、Uターン転職を考えてみるのもいいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する