1. 今さら人には聞けない!「目標」と「方針」の違い

今さら人には聞けない!「目標」と「方針」の違い

  • 45252views
  • 0fav

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 ビジネスマンの皆様は目標や目的、方針といった言葉は聞きなれていますよね。でも、それぞれの意味の違い、使い分けについて説明出来ますか?ちょっと理解しきれていなかったかも、という方でも大丈夫です。今回は、「目標」と「方針」の違いについて具体的に説明していきます!

「目標」とは

「活動の目的や課題に、期間と到達レベルを加えたもの」と表現されることが多い。何に取り組むかだけでなく、期末までにどれだけやる、どんな状態にする、というところまでを明確にすることで、達成度評価が可能なものとなる。

出典: 目標 とは - コトバンク - kotobank

 分かりやすいように山登りに例えてみましょう。目的は「頂上を目指すこと」とします。そこで必要になるのは、頂上に至るための計画ですね。山の高さによっては当然ながら、一気に辿り着けるわけではありません。たとえば今日はどこまでを目指そうといった形で計画を立てることになります。その計画を基に、「途中のベースキャンプまで何日内に辿り着こう」といったことが目標です。
 
 ビジネスで言えば利益を出すための売り上げ目標と言えばわかりやすいかと思います。 「この期限内にこれだけのことをしたい」、という願望や希望といったところです。それを積み重ねることによって、最終的な目的を果たすという事になります。

「方針」とは

めざす方向。物事や計画を実行する上の、およその方向。「―を決める」「―を誤る」「教育―」

出典: 方針 とは - コトバンク - kotobank

 方針は、 目標を達成するために拠り所とするものです。手段とは少し違います。山登りで言えば、途中のベースキャンプへ辿り着く目標をどのように実現するかということになりますが、そこで必要なのはメンバー全てが共有する方針です。具体的には、とにかく早く到着することなのか、山登りのスキルを磨くことを重視しながらのものなのか、それとも景色を楽しみながら行うのかということになります。

 仕事においても、売り上げ目標を達成するための方針として、とにかく数字を上げるためにスピーディに行うのか、サービスを充実させながら次につながるような仕事をするのか等という事になります。メンバー全員で共有するもので、経営理念もこれに当たります。


 いかがでしたでしょうか。目標が適切なものでなければ目的を果たすことは出来ませんし、方針が定まっていないと、メンバーそれぞれの行動はバラバラになってしまいます。このように、目標と方針は切っても切り離せないものなのですね。的確な目標と方針を立てることで、組織全体にまとまりを持たせましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する