1. 【なぜ夏バテになってしまうのか?】その原因は意外にも「ダラダラ汗」にあった

【なぜ夏バテになってしまうのか?】その原因は意外にも「ダラダラ汗」にあった

 連日、30℃を超える日が続き、いよいよ今年も夏の季節がやってきました。いきなり暑くなってくると、夏バテしやすくなります。特に外回りの営業マンは「夏バテ」になってしまいやすいもの。「夏バテ」になってしまう原因を考えてみたところ、水分不足など一般的な原因以外にも、夏バテの原因があったので、それを説明していきます。

そもそも夏バテとは?

 まず、夏バテとは何なのかを考えていきましょう。夏バテとは、一般的に下記のように定義されています。

夏バテは、特定の原因や症状のあるはっきりした病気ではありません。夏に起こり「なんとなく体調が悪い」「疲れがとれない」「朝からやる気が起きない」「食欲がない」「眠れなくてイライラする」「熱っぽい」「立ちくらみやめまい、ふらつきがある」「下痢や便秘」などの症状がでる体の状態を「夏バテ」とよんでいます。

出典:[今月の話題] 夏バテと熱中症について(1/2) : 健康お役立ち情報 | Meron ...
 夏場に、理由は分からないけれど「何となくダルい…」と思ったら、夏バテになっているかもしれません。

「汗」の質が夏バテの原因になっていた

 なぜ、多くの人が「夏バテ」になってしまうのでしょうか。夏バテの主な原因は、

・自律神経の不調
・胃腸の働きの悪化
・水分不足

 とされていますが、実は「汗の質」にも原因があったのです。汗には、「良い汗」と「悪い汗」という2つの種類があり、「悪い汗」をかく人は夏バテになりやすい傾向にあるとのことです。それぞれの特徴を見ていきます。

良い汗

さらさらしていて蒸発しやすいため、少ない汗で効率よく体温調節ができる。少量の塩分を含み、皮膚を酸性に保つ。雑菌の繁殖が抑えられ、においは発生しにくい。

出典:と「悪い汗」 - セルフドクターネット

悪い汗

べたべたしていて蒸発しにくいため、体温調節がうまく行われず、だらだらと汗をかく。ミネラルを多く含み、皮膚をアルカリ性にする。雑菌が繁殖しやすいため、においを発生しやすい。

出典:と「悪い汗」 - セルフドクターネット
 良い汗と悪い汗の違いは、汗をかいた時に汗がタラタラと流れていくか否かにあるのではないでしょうか。また汗の粒の大きさも異なってくるようです。では、なぜ悪い汗が夏バテを引き起こしてしまうのでしょうか。

悪い汗をかくと水分と共に、体に必要なミネラルが多量に失われます。すると疲れやすくなる他、夏バテや熱中症を招きます。

出典:悪い汗は、夏バテの原因になるって本当? - セルフドクターネット
 夏バテしないようにするために、食事などに気を使うのは勿論ですが、汗の質にも気を配らなければならないのです。

悪い汗を良い汗を変えるには?

 では、悪い汗を良い汗へと変えるには、どんなことをすれば良いのでしょうか。幾つか方法を見ていきます。

入浴の仕方を変えてみる

浴槽に風呂椅子を入れる。椅子に座った状態で膝下が浸かる程度まで42度のお湯を張り、両手の肘から先と膝から下を10~15分浸ける。

出典:いい汗と悪い汗の見分け方 いい汗に変える方法を伝授! | TREND STYLE
 まずは、入浴の仕方を変えてみるのが良い方法と言えそうです。夏だから湯船には浸からないという人は、湯船に浸かるところから始めてみましょう。

レシチンを豊富に摂取する

 悪い汗を良い汗をかくには、「レシチン」を多く摂取するのが有効的だそうです。

レシチンが多く含まれているのは大豆です。ですから、豆腐や納豆などを多く含む食品はおすすめです。大豆にはイソフラボンという発汗を調節してくれる物質も含まれていますので、良い汗をかくには大豆食品は非常に有効です。今は「リゾレシチン」が含まれたサプリメントも販売されています。

出典:やせる汗をかくにはレシチンがいいそうですが? … ワキガ・体臭・多汗 ...
 納豆を積極的に食べたり、冷や奴をご飯のメニューに加えるなど、日頃の料理にちょっとしたアレンジを加えてみましょう。

意識的に歩く回数を増やす

そのために半身浴などでたくさん汗をかく…のもいいのですが、一番効果があるのはやはり運動。

出典:体にいい汗悪い汗~サラサラ汗とベタベタ汗~ - その汗かきを改善せよ ...
 夏場にいきなりランニングをするというのも難しい話だと思うので、まずはエスカレータから階段に変えるなど意識的に歩く回数を増やすようにしてみましょう。それを続けていくだけでも、大分違ってくるはずです。

夏バテ診断度をチェックしてみよう

□一晩寝ても疲れがとれず、朝、起きられない。
□食欲がなく、朝食はコーヒーやミルクですませている。
□昼食は冷やし中華やざる蕎麦など冷たいものが多い。
□夏場は脂ぽい料理を食べられない。
□ビールなど冷たいものばかり飲んでいる。
□夏場入浴よりシャワーと決めている。

出典:汗腺トレーニングで夏バテを防ぐ - 五味クリニック
 最後に、自分自身が夏バテかどうかをチェックできる項目を紹介します。この6つの項目の中で、2つ〜3つチェックがついた人は、夏バテの可能性があるので、今一度生活習慣や体調管理などを見直してみましょう。


 夏バテになってしまい、思ったように仕事の成果が出ない…、休みが続いて会社に迷惑をかけている…といった事態にならぬよう、社会人として最低限、体調管理には気を配るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する