1. 【日本人の平均睡眠時間】睡眠時間が6時間って本当はどうなのか検証してみた

【日本人の平均睡眠時間】睡眠時間が6時間って本当はどうなのか検証してみた

  • 5594views
  • 0fav

 これを読んでいるみなさんは何時間の睡眠をとっていますか?3時間だったり8時間だったりと様々でしょう。では、「睡眠時間が6時間である」と聞いてどのような印象を抱くのでしょうか。短いか、それとも十分か長いか等人によって様々な印象を抱くでしょう。ここでは、6時間睡眠をとることについて述べていきます。

6時間って実は平均的?

 睡眠時間が6時間であることに対してどんな印象を受けますか?短い、それとも適切ですか。では実際睡眠時間が6時間ってどうなのという話になってきますよね。

それぞれの国に住む25~55歳の男女1500人にアンケートをおこなった同調査。それによると、6カ国の中で最も平均睡眠時間が短いのは日本で、1日6時間22分しか眠れていないことが明らかに。

出典:【世界の睡眠事情調査】日本人は世界的に見ても睡眠時間が短く、不潔な ...
 上記のデータからは、睡眠時間が6時間というのは日本人の平均的な数値であるということがわかりますね。平均的な睡眠時間であるということは「その睡眠時間を自分にも取り入れてみようかな…」なんて思いますよね。しかし、これはあくまでも睡眠時間の平均であってそれが良いかということはまだ疑問ですね。では、次項でその疑問にお答えしていきます。

6時間の睡眠時間は良い?

 日本人は平均6時間の睡眠をとっています。では、その睡眠時間は一体適切なのでしょうか。

成人の場合、最適で理想の睡眠時間は、入眠からおよそ
・4時間30分後 (270分、90分x3)
・6時間後 (360分、90分x3)
・7時間30分後 (450分、90分x5)
がスッキリ目覚めるのに理想的な睡眠時間(=眠りが浅い、レム睡眠の時間帯)であると言われています。 (個人差があります。)

出典:最適で理想の睡眠時間と起床時間
 実は、日本人の睡眠は間違っていなかったのです。6時間の睡眠時間というのは、理想的な睡眠時間の中の1つであると言われています。

 睡眠は90分のサイクルで行なわれています。そのため、90分をメドに睡眠時間を考えていくことが効果的です。

6時間も寝られない…

 いくら6時間が平均的で理想的な睡眠時間であるとは言っても、なかなか睡眠時間を6時間も確保することが難しいというビジネスマンも多いのではないでしょうか。では、そんな忙しいあなたに提案です。

 先ほど、理想的な睡眠時間を3つ挙げましたね。あれは、実は睡眠のメカニズムを根拠として提案された時間なのです。睡眠というのは、90分を一つのサイクルとして構成されています。上記の数字を見てみると、全て90分で割ることの出来る時間になっていますね。睡眠というのは寝始めてから90分前後が浅い眠りになっているため、90分前後に気持ち良く起きることが出来るのです。

 さらに寝始めてから3時間以降に深い眠りに入っていくため、最低でも3時間の睡眠を確保するようにしましょう。そのことから、理想的な睡眠時間の仕組みが分かってきませんか?

6時間確保すれば良いって訳ではない

 では、最後に「6時間の睡眠時間をとれば良いや」と考えているあなたに注意をしておきましょう。ただ、6時間眠れば良いという訳ではありません。

 何と言っても睡眠は量より、質です。6時間ただ寝るだけではなくて、効果的な睡眠をとるようにしましょう。

夕食後のカフェイン摂取は、寝付きを悪くする
「睡眠薬代わりの寝酒」は、睡眠の質を悪くする
不快な音や光を防ぐ環境づくり、自分にあった寝具の工夫

出典:快適な睡眠のための7か条
 寝る前には上記のことに気をつけるだけでもっと快適な睡眠をとることが出来ますよ。


 睡眠時間が6時間であるということは、日本人の平均でありさらに理想的であるということが分かりました。しかし、時間だけにとらわれることなく、今の自分にはどれくらいの睡眠時間が必要であるかを考え直してみることも大切ですよ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する