1. 「請求書在中」ちゃんと書けてる?添え書きの正しいマナー

「請求書在中」ちゃんと書けてる?添え書きの正しいマナー

by rachel_thecat
 封書を送る際のマナーとして覚えておかなければいけないのが、「請求書在中」などの封筒への添え書きです。マナーを学習して、正しい添え書きを心がけましょう。添え書きの目的と、正しい書き方を紹介します。

添え書きの目的

 封筒に書く添え書きは、その封筒の中身を示すためです。「請求書在中」「領収書在中」と添え書きをすることで、受け取った人がわざわざ開封しなくても中にどんな書類が入っているのかを知ることができ、中身の確認や仕分けの手間を省けます。

 他にも、封筒の取り扱いに関して添え書きを書くこともあります。「折曲厳禁」「水濡れ厳禁」等の添え書きは、封筒の中身を示しているのではなく、封筒を取り扱う時の注意書きに当たります。

 取扱いに関する添え書きは、配達員や受け取って仕分けをする人に向けたものなので、むやみに書いてはいけません。封筒の中身が特に重要な書類の場合にのみ書きましょう。

添え書きの書き方

 添え書きには正しい書き方があります。一般的な記入場所は封筒の表の左下です。強調する意味で朱書きで書きましょう。
 
 文言は「請求書在中」と余計な事を書かずに記入します。明確なのがマナーなので、知らせたいことだけをシンプルに記入しましょう。最初から「請求書在中」等と印刷されている封筒も販売されています。印刷済みの封筒を使ってマナー違反にはならないので、記入が面倒な方は専用の封筒の利用をお勧めします。

 封筒のあて名は、縦書きで書くのが基本的なマナーです。最近はラベル印刷などで宛名を横書きにしている封筒もありますが、添え書きだけを縦書きで記入しても失礼には当たりません。むしろ宛名に合わせて横書きで添え書きを記入することに違和感を覚える人もいるので、添え書きは縦書きで記入するようにしましょう。


 添え書きは封筒の表の中でも最も目立つ部分です。伝えたい情報がはっきりと分かるようにして、取扱いミスがないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する