1. 負担をかけさせない気遣いが大事!社内メールで依頼する時のポイント

負担をかけさせない気遣いが大事!社内メールで依頼する時のポイント

負担をかけさせない気遣いが大事!社内メールで依頼する時のポイント 1番目の画像
by Chrismatos ♥Too busy, sorry
 メールは便利なツールですが、使い方によっては相手に失礼だと思われてしまいます。社内メールで仕事の依頼をする場合は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。ここでは、社内メールを使って依頼を行う場合のポイントを紹介します。

できればフェイストゥフェイスでも依頼する

 単なる業務連絡ではなく、あくまで仕事に関連した「依頼」となると、社内メール一本で一方的に依頼内容を送られてきても、受け取った側はあまり良い気がしないかもしれません。やはり仕事を依頼するのなら、フェイストゥフェイスで本人の了承を得た上で仕事をお願いする方が、お互い気持ち良く次のステップに進むことが出来ます。

 マナーとして、社内メールで依頼する前、あるいはメール送信をした直後に相手に電話連絡を入れるか直接話をして、口頭で仕事依頼の件を説明をし相手の了承を得ておく事が大切です。

タイトルは分かりやすく

 社内メールは、読めばすぐに内容を理解できるようにすると良いでしょう。そのためには、タイトルに必要な情報を入れておくべきです。また、一目でメールの概要が分かるとなお良いです。

自分の連絡先を明記

 仕事の依頼の際には、やはり相手と直接コンタクトを取っていく事が大切です。そのためには、相手が分からないことがあったら、いつでも連絡を取れるようにしておくと良いでしょう。

 メールの最後には自分の名前、部署名、メールアドレス、電話番号を必ず載せておきます。あらかじめ「署名」としてこのような情報を登録しておくと、自動的に記入されるので便利です。


 以上が社内メールで依頼をする時のポイントです。依頼する以上、少しでも相手に負担をかけない気遣いが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する