1. 「各位様」は正しい? 社内メールで使う「各位」の正しい使用法

「各位様」は正しい? 社内メールで使う「各位」の正しい使用法

「各位様」は正しい? 社内メールで使う「各位」の正しい使用法 1番目の画像

 社内メールで大勢の人にメールを送信する際に使う「各位」。

 「各位」とは、「おのおのがた」「皆様方」という意味だが、意外と誤用するケースも多い。

 社内メールで「各位」を使うときの使い方と注意事項を押さえて、正しいビジネスメールマナーを身につけよう。

「各位」は敬語の意味を持っている

 複数の関係者にメールを書く際に「各位様」と記す人がいるが、実は間違った書き方なのだ。

 “各位”という言葉は、単体で「皆様」という敬称の意味を含んでいる。つまり、各位に様をつけると「皆様様」という意味の二重敬語なってしまうのだ。

正しい「各位」の使い方は「各位」とだけ書く

 皆様方という意味で使うのであれば、宛先には「各位」とだけ書こう。ちなみに「各位殿」なども間違った使い方になる。

 お客様などの個人に対して書く場合は、「お客様各位」「お得意様各位」のように使われることもある。

 「お客様皆様方」「お得意様皆様方」という意味で二重敬語にちょっと近いが、これらの使用法は一般的に許容されているようだ。

社内の組織に送る場合の「各位」の使い方

 社内の人たちに送るメールでは、基本的に対等の立場と考え「会員 各位」「管理職 各位」「○○支店 各位」などと送ろう。

 集団名にそのまま「各位」を付けるのが正しい使い方だ。

【例】社内メールで「各位」を使うとき

  • 店長 各位
  • 管理職 各位
  • ○○支店 各位

取引先に送る場合の「各位」の使い方

 取引先などの外部に送る場合には、会社対会社の関係になる。先ほどの会社内の人たちに送るときよりも、丁寧な言い方を心がけたい。

 取引先などの外部に「各位」を使った宛先でメールを送る場合、「様」は使わずに、宛先の文頭に「お」をつけて丁寧さを表現しよう

 「お取引先 各位」「ご協力先 各位」のように書くと良いだろう。

平安時代の「各位」は目上から目下へ使っていたが、現代では気にする必要ナシ

 「各位」は目上から目下へ使うことが多いが、これは平安時代の皇族が貴族・大名などの位のある人に向けて使っていたときの用法だ。

 現代においては目上や目下など気にせず使っても、とくに問題はないので安心してほしい。


 「各位」を使う際の使い方と注意事項について紹介してきた。

 丁寧な表現をしようと思って「各位+様」にしてしまうと、二重敬語になってしまうので十分に注意してほしい。

 「各位」のようにビジネスシーンでよく使う言葉こそ、正しい使い方を理解した上で使いたいものだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する