1. 成功のカギは朝ご飯にある!仕事の調子を上げるために必要な朝ご飯メニュー

成功のカギは朝ご飯にある!仕事の調子を上げるために必要な朝ご飯メニュー

  • 2289views
  • 0fav

by slightly everything
 寝る時間が遅かったりすると、つい朝起きるのが遅くなって朝食を摂らずに出社してしまうなんて人は、意外と多いのではないでしょうか。

 朝食を取ることの重要性は既にご存知のとおりかもしれませんが、それを知っていてもなかなか食べられないという人も多いのが現実です。朝食を食べることによって、脳が活性化されて仕事にも好影響を及ぼします。

 あらゆる業界の有名経営者たちは、朝ご飯を食べることを欠かしません。しっかりと栄養をとって1日に備えるのです。では、彼らは一体どのような朝食を摂っているのでしょうか。もしかすると、成功のカギがそこに隠れているかもしれません。

サラダなどで野菜を摂取


 多くの人に共通するのが、必ず野菜を食べているということです。仕事をしていると、付き合いや会食などが増えててしまい、つい外食が多くなります。そうすると栄養バランスが偏ってしまい、野菜から吸収できるビタミンなどが不足しがちになってしまうのです。

 栄養バランスの偏りは体調にも大きな影響を及ぼします。そのため、朝イチで野菜をしっかりとっておくことが重要なのです。

 必ずしも生野菜でなくても構いません。キャベツや人参などをスープとして食べたり、煮物でご飯のおかずにしたり蒸し野菜にポン酢をかけてヘルシーに食べることも有効です。色々なアレンジ方法があるので、楽しみながら野菜を撮るようにしましょう。

ビジネスマンは意外と洋食派が多い

(画像参照:サイトウ洋食店HP)

 さて、それを前提とした上での朝食のメニューですが、ビジネスマンは意外と洋食派が多いようです。トースト・スープ・サラダ・スクランブルエッグなどといった、とてもスタンダードな朝食が一般的です。

 朝は時間がどうしてもきつい分、作るのに時間がかかる和食よりも時間を書けること無く作ることが出来る洋食の方が好まれるのでしょう。その中でも多くの人が食べているのが「卵料理」です。

 どのような調理方法にしろ、卵に含まれる栄養素は1日の活力を広くカバーしてくれます。パンなどを一緒に食べることで、しっかりと午前中のエネルギーになります。

和食派は「リラックスするため」


 一方で、作るのにやや時間と手間がかかりがちな和食派もいます。その人達は朝食を摂ることの目的を、栄養を摂るためというよりも「リラックスする時間にするため」と位置づけているようです。

 白いご飯とお味噌汁、納豆と鮭の塩焼きといったザ・和食といったメニューは、日本人にとって心休まるものでもあります。朝から張り切って仕事に燃えるものいいですが、朝は1日頑張るために必要なリラックスの時間としてゆっくり過ごしたいという人も多いのです。メリハリを付けることも、仕事で力を発揮することには必要だということですね。

時間がない人はシリアルで栄養補給


 中には、朝に時間を取らずにすぐに仕事にとりかかる人もいます。そういう人は、ささっと食べられるシリアルを好んで食べています。

 しかし、ただ普通のシリアルに牛乳を書けて食べるだけではありません。その時の工夫として、穀物やドライフルーツがたっぷり含まれているものに、豆乳をかけて食べたりする方法があります。

 シリアルは意外とカロリーが高く、エネルギーの面では申し分ないのですが、栄養バランスで見ると偏ってしまいがちです。そこをフルーツや豆乳などでカバーしてあげることによって、より効率よく栄養を摂取することが出来るのです。

 以上が、仕事に臨む前に食べておきたい朝食メニューです。人それぞれ時間の使い方は異なるので、自分に合った朝食をしっかり食べてより良い1日のスタートを切れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する