1. 熱中症でやる気がなくなる前に!サッカー選手が実践している食事から夏バテ対策

熱中症でやる気がなくなる前に!サッカー選手が実践している食事から夏バテ対策

by Takashi(aes256)
 暑い季節になるとサラリーマンにとって天敵なのが、夏バテでしょう。特に外回りの仕事に就いている人は、その予防がとても大切となります。予防策として有効なのは何と言っても食事です。夏バテになってしまうと体温調節ができないために、熱が体内にこもってしまい、疲れやすくなり食欲も無くなってしまいます。そうなる前に、適切な食事を摂ることで予防しようというわけです。では、具体的にどのような食事を心掛ければよいのかを挙げてみたいと思います。

量よりも栄養バランスを考えた質を重視する

by kawamura shin
 まずは、栄養バランスを重視した質の高い、胃に負担がかからないような食事をすることです。特にタンパク質とミネラル、ビタミンのバランスが必要となります。それぞれ、タンパク質はたまごや魚、肉、牛乳、ミネラルは牛乳や海草、ビタミンは野菜や果物から毎日万遍なくとりましょう。

食欲増進のために

by Blue_Ray
 とにかく水分を多く摂るようになって食欲が落ちてきます。そこで、食欲を少しでも増進するような工夫が必要です。生姜やわさびなどの香辛料、みょうがやネギなどの香味野菜は食欲をそそるもの。これらをうまく取り入れて、少しでも食べることができるようになるのも夏バテを防ぐポイントとなります。

冷たいものは摂りすぎないように

by RayMay(62)
 暑い中を出歩くと、どうしても冷たいものが欲しくなります。アイスや清涼飲料水など、適度に摂ることは必要ですが、あまり摂りすぎると食欲を落としてしまうのです。また、胃腸を不調にするので、極力摂りすぎには注意が必要となります。特に寝る前には控えるようにした方が良いです。

ビタミンB1は忘れずに

by neco
 夏場は特にビタミンB1の消耗が激しくなります。このビタミンB1が不足してしまうと、せっかく摂った栄養をエネルギーに吸収できなくなるのです。そこで、ぜひ積極的に食べたいのが、豚肉や大豆、玄米やほうれん草、ごまといったものになります。また、土用の丑の日でおなじみのうなぎも、ビタミンB1を豊富。そして、このビタミンB1はアリシンを含む食品と一緒に摂ることで、吸収率が高まります。具体的にはにんにくやネギ、玉ねぎやニラなどです。

名古屋グランパスの選手は

by hm7hm7
 日本のサッカーチームの名古屋グランパスの選手は、以下のことを実践しています。毎日走り続けるサッカー選手が、夏バテ対策でやっていることなので非常に参考になるでしょう。

「ドライフルーツと梅干しを利用する夏バテ対策です。ドライフルーツは鉄分が豊富なので貧血予防になり、梅干しは塩分とクエン酸が含まれているので熱中症対策に最適なんですよ。ドライフルーツは手の平に乗る量、梅干しなら一粒摂取するだけで効果があります」

出典: 名古屋グランパスの選手が実践 夏バテ対策になる食べ物とは? | スーモ ...
 
 以上のように、必要な栄養を含む食材とその摂り方を知っておくことで、夏バテをかなり防ぐことができるようになります。あとは睡眠など、生活のリズムを整えておくことも忘れないようにすることが必要です。今年は夏バテに負けないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する