1. カフェで仕事をする人がいるのはなぜ?考えられる理由を3つ挙げてみた

カフェで仕事をする人がいるのはなぜ?考えられる理由を3つ挙げてみた

 カフェに立ち寄ると、パソコンを開いて、集中している人や、仕事の資料に一生懸命書き込みをしている人を見かけませんか?なぜカフェで仕事をする人が多いのでしょうか。ここでは、カフェで仕事をする人が多い理由を考えて見たいと思います。

カフェで仕事をする人は増えている

「カフェで仕事」は良いですね。気分を落ち着かせる照明にゆったりとしたソファ、適度な他人の気配。そして何より暖かいコーヒー。。。

出典: カフェで仕事する - Shin x blog
 最近良く見かけるなあと思ったら、カフェで仕事をするビジネスマンはどうやら増えているみたいです。特にノマドとして、場所にとらわれずに働いているビジネスマンやネット関連の仕事をしている人はカフェで仕事をする人が多いようですね。

1. コーヒーが仕事の効率を上げるから

眠気をさますカフェインは、仕事に集中したいときにはとても便利。ちょっと眠気に襲われる午後など、カフェインを取ると、仕事への集中力が回復するのがわかります。

出典: カフェインの上手な取り方:日経ウーマンオンライン【ワーキング・リラックス】
 カフェで飲むコーヒーに含まれるカフェインには、眠気を覚ます効果があるだけでなく、集中力が増したり、記憶力が向上する効果があるということがわかっています。カフェで飲むコーヒーが仕事をサポートしてくれるのですね。

2. カフェの雑音で仕事が捗るから

適度な環境ノイズ(70デシベル程度)は、抽象的思考や創造的思考に関連する脳の部位を刺激するのだそうです。

出典: 静寂よりも「適度なノイズ」があるほうが仕事は捗るらしい : ライフハッカー ...
 カフェの雑音がクリエイティブな仕事をするのにちょうどよいそうです。たしかに、何も音がしないところよりも、少し雑音があった方が仕事に集中できる気がしませんか?カフェの雑音があまりにも捗るため、カフェの音を再生してくれる「Coffitivity」というサービスまで存在します。

3. 程よい緊張感があるから

 カフェで仕事をするときは、当然周りに人がいます。そのため、周りの目を気にしながら仕事を進めて行く必要があり、また、お金を支払って仕事場を提供してもらっていることによるプレッシャーも感じることができるでしょう。こうした程よい緊張がカフェでの仕事をサポートしてくれると考えられます。


 ここでは、仕事をカフェで行う人が多い理由を考えていきました。カフェで仕事をするのは、メリットがたくさんあるからなのかもしれませんね。いつもオフィスで仕事をしているという方は、気分転換にカフェで仕事をしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する