1. 知的に見えるかも!デキるビジネスマンは仕事用のメガネにもこだわりを持っている

知的に見えるかも!デキるビジネスマンは仕事用のメガネにもこだわりを持っている

 クールで知的な印象を与えるメガネ。できるビジネスマンの多くは、メガネにもこだわりを持っているようです。ここでは、なぜ、仕事ができるビジネスマンはメガネにこだわるのかを調べ、紹介していきます。

スティーブ・ジョブズもメガネにこだわりを持っていた!

スティーブがNeXTをやっていた頃、日本に来た時にたまたま入手したメガネフレームをとても気に入り、それをまた購入したいという話になったようです。
(中略)
スティーブは秘書の女性にそのメガネフレームを100個購入するように指示します。

出典: スティーブ・ジョブズのメガネの話 - [モ]Modern Syntax - AIVY Talk
 スティーブ・ジョブズといえば、メガネがトレードマークですよね。ジョブズは、メガネにもこだわりを持ち、メガネのフレームをなんと100個個人で発注しています。普通の人だったら、一生あっても使い切れない量のフレームを注文するほど、メガネを気に入っていたのではないでしょうか。

メガネは知的でかっこいい!

メガネをかけた男性・女性のイメージを聞いてみた。“メガネ男子”は女性からの印象のほうが総じて高く、「知的(42.0%)」、「おしゃれ(29.0%)」が全体よりも高い。

出典: メガネに関する調査|国内調査|市場調査・インターネットリサーチの ...
 メガネをかけると、なんとなく知的に見えるものですが、実際にそう感じている人は、かなり多くいるようです。また、おしゃれだという印象も与えることができ、一石二鳥の効果が仕事用のメガネにこだわることで得られそうですね。

フレームの形や材質で印象を変える!

「丸顔の人がスクエアをかけると大人っぽい印象になるが、オーバルだと丸顔が強調される。四角い顔の人がスクエアを選ぶと角張った感じになりやすい」

 材質によっても印象は変わる。合金、チタンなどのメタル系なら知性や誠実さを表現できるので、就活や営業にお薦めだ。一方、プラスチック系は親しみやすい雰囲気になるため、カジュアル感を出したい場面に向いている。

出典: メガネで印象を変える 失敗しないフレームの選び方 :日本経済新聞
 仕事用のメガネを選ぶときは、フレームの形や材質を変えることで、印象が大きく変わります。メガネにこだわることで、デキるビジネスマンは仕事用のメガネの材質や形を変えることで、周りと差をつけているのかもしれませんね。

メガネをかけると仕事の効率が上がる

 コンタクトと違って、目がごろごろしないところや、着脱がカンタンなのがメガネのいいところ。細かな作業のときは、メガネをかけて集中してやれば、仕事の効率が上がるかも!?

PC用メガネを使うメリットについて説明しましょう。

まず、パソコンを仕事などで使っている方にとっては、仕事の能率面で大きなメリットがあります。

出典: PC用メガネってどう?かけるメリットを徹底検証!【ブルーライト対策】
 ブルーライトをカットする機能があるメガネを使えば、パソコンを使った長時間の作業のときも、目の疲れを気にせずに作業できます。できるビジネスマンは、仕事用のメガネで仕事の効率までアップさせているといえるでしょう。


 ここでは、できるビジネスマンが仕事用のメガネにこだわる理由を調べ、紹介しました。仕事用のメガネにこだわることで、印象を大きく変え、さらには、仕事の効率までアップさせていることがわかりました。できるビジネスマンになりたい人は、メガネにこだわってみるのはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する