1. 初めての海外赴任で戸惑わないためには?海外勤務が決まった時に準備しておくべきこと

初めての海外赴任で戸惑わないためには?海外勤務が決まった時に準備しておくべきこと

by Mixtribe Photo
 グローバル化の進展する現代社会では、海外赴任を言い渡されることも珍しくありません。しかし、住み慣れた日本を離れ、外国で生活を送るということは極めて不安なものです。こうした海外赴任に伴う不安や心配事を少しでも軽減するためには、実際に海外に行く前に万全の準備をしておくことが大切です。

赴任先の生活スタイルを調べる

 海外赴任が決定したら何よりも先に行うべきことは、赴任先の情報を集めることです。国、地域によって生活スタイルは大きく違います。宗教や慣習など、幅広い観点から調べてください。実際に足を踏み入れてみて、戸惑うことがないようにしましょう。

 情報収集では、インターネットや書籍を参照するのが基本ですが、可能であれば実際にその土地に暮らした経験がある人からアドバイスを受けておくことをオススメします。特に東南アジアやアフリカ、南米など発展途上地域へ赴任する場合は、日本との生活ギャップに苦しむことが多いため、入念に情報を集めるべきです。

日常会話

 海外赴任される人がどうしても気にするのが、外国語による会話です。単に趣味の海外旅行であれば、身振り手振りと簡単な単語・熟語だけで乗り切ることも難しくありませんが、ビジネスにおける会話をスムーズに行うためには、一定レベルの言語水準に達している必要があります。

 そうしたことを考えると、赴任してからその土地の言葉を身に付けるよりも赴任の準備期間中から学習を開始し、赴任したときには相応の会話が出来るようにしておくとよいでしょう。

ビジネスマナー

 海外と日本はマナーも異なります。ビジネスに関する考え方は、金銭観や仕事観、宗教観などに左右されます。その土地のビジネスマナーについても事前にある程度把握しておきましょう。誤って日本のルールや慣習を持ち込んでしまうと、トラブルに発展してしまうケースも珍しくありません。


 海外赴任は多くの人にとって不安なものですが、その経験は将来のキャリアに大きくプラスになります。万全の準備と高い意欲を持って仕事に取り組んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する