1. 【所要時間15分以内】やっぱり手料理がおいしい!帰宅が遅くても簡単に作れる男の家ゴハン

【所要時間15分以内】やっぱり手料理がおいしい!帰宅が遅くても簡単に作れる男の家ゴハン

  • 1802views
  • 0fav

by pavlinajane
 仕事で忙しく、毎日外食で済ませてしまうという人は多いのではないでしょうか。特に独身男性の場合は、そのような生活が顕著ではないかと思います。毎日外食だと出費もかさみますし、何より栄養バランスが崩れがちになってしまい、健康面にもあまり良くありません。

 やっぱり手料理が一番美味しいし、栄養面やコスト面においても手料理のほうが優れています。ここでは、帰宅時間が遅くなかなか自分で料理をすることが出来ないという男性のために、ぱぱっと作ることが出来る家ゴハン料理をご紹介していきます。出勤前にご飯を炊いておくだけで、とても美味しい夜食が食べれるんです。

茄子の焼き浸し(所要時間15分)

 遅い時間に食べる料理なので、油をたくさん使ったものなどの重たいものはおすすめできません。やはり、体にも優しいヘルシーな料理がいいですよね。

 では、茄子の焼き浸しなどはいかがでしょうか。茄子は比較的オールシーズン美味しく食べることができ、かつコストも安いので男の家ごはんには持ってこいの料理です。

豚キムチ(所要時間10分)

(画像参照: 男が作れる超簡単料理)

 いくらヘルシーな野菜料理の方が体に良いとはいえ、どうしてもがっつり食べたくなってしまうのが男というもの。これから夏が近づくということもあり、翌日に備えてしっかりスタミナを付けたいものです。

 そこでおすすめなのが、老若男女に人気のメニュー「豚キムチ」です。材料も時間もケズにすぐ作ることが出来るのが大きなポイントですね。つい、白いご飯と一緒にほうばりたくなる一品です。

冷やっこ丼(所要時間10分)


 夏といったら冷やっこ、それをご飯にそのまま乗せてしまったというなんとも男らしい料理「冷やっこ丼」です。

 豆腐と白米さえあれば完成するこの料理ですが、お好みでかつお節やしょうが、かいわれ大根などを添えても美味しく食べることが出来ます。カロリーも控えめなので、夜食にはぴったりですね。

ころころジャーマンポテト(所要時間15分)


 これはご飯に添える主菜でもあり、ビールのおつまみとしても大活躍する料理です。じゃがいもとベーコンを炒めるだけというシンプルな調理方法ですが、その味は絶品です。

 じゃがいもはお腹にたまりやすいので、少量で意外とお腹いっぱいになります。そのため、食べ過ぎも防げるというところもおすすめポイントなのです。
 出勤前にご飯さえ炊いておけば、帰宅後15分以内にこんなに美味しそうな料理を作ることが出来るんです。外食よりも、やっぱり手料理が一番です。はじめは少し面倒かもしれませんが、ぜいチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する