1. そもそも自分でも言いたいことが分かってない?意見が言えない人が上手に主張するための方法

そもそも自分でも言いたいことが分かってない?意見が言えない人が上手に主張するための方法

by Martini DK
 仕事で意見が言えない人は、そもそも自分に自信がないのではないでしょうか?いざ上司に物申そうとしても、何も言い出せないことがあるはずです。ここでは、意見が言えない人が思っていることを主張できるようになる方法を紹介します。

理由1. 言いたいことを言語化できていない

 意見を言えないと悩んでいても、実はどんなことに不満を思っているのか、自分でも上手く言葉にできないのではないでしょうか?意見を形にできないのでは、何も言えないのは当然です。

 意見をしたいと思った原因はどこにあったのでしょうか?「主張したい!」と思ったときのことを思い出して、そこから何を言いたいのかを考えていくのです。

 意見の根っこが分かったら、独り言でもいいので言いたいことを言語化してみましょう。それができて始めて、意見が明確になったことになります。

理由2. 言いたいことは分かっても、自分の意見に自信がない

 意見を持っていても、内容に自信がなく、納得させることができないと思っているのではないでしょうか。そんなときは、外部から自分の意見を保障してくれるものを探しましょう。

 同じような内容についてのニュースや記事がを調べたり、新聞を読んだりすると良いでしょう。そこで自分と同じ主張があれば、意見を言うときにそれを付け加えると良いでしょう。自分以外に同じことを思っている人がいるとわかれば、意見を言う自信も出るはず。
 

 いかがでしょうか。自分に自信がない人は、自分の意見をハッキリできていないのか、それとも意見に自信がないのかを考えてみてください。理由が分かれば、自然と自信も湧いてくるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する