1. 【5時間睡眠はデブのもとだった…】健康に働くための睡眠時間を確保するにはどうすればいい?

【5時間睡眠はデブのもとだった…】健康に働くための睡眠時間を確保するにはどうすればいい?

 睡眠時間が「2時間〜3時間」という日がずっと続いてしまえば、病気にもなりやすいですし、仕事中のミスも増え、良いパフォーマンスを発揮することはできないのは多くの人が知っていることだと思います。

 「睡眠時間が5時間もあるなんて最高だ!」と5時間の睡眠に喜ぶビジネスマンも多いですが、実は5時間睡眠には恐るべき注意点があったのです…。

ビジネスマンは5時間睡眠が一番多かった!?

1. 5時間以上~6時間未満 35%
2. 6時間以上~7時間未満 25%
3. 4時間以上~5時間未満 16%
4. 8時間以上 8%
5. 7時間以上~8時間未満 7%

出典:ビジネスマンの平均睡眠時間 ランキング |インライフ
 意外とビジネスマンは5時間睡眠が多いそうです。やはり短い睡眠時間では、仕事のパフォーマンスも下がってしまうから、早めに寝るという人も多いのかもしれません。

5時間睡眠はデブのもとだった…

睡眠時間が7~8時間とれている人と比較して、5時間睡眠の人は肥満度が50%もアップしているという結果が出ています

出典:睡眠不足で太る!?肥満、メタボに気をつけろ! | 不眠症対策の ...
 ビジネスマンにとって「肥満」は最大の敵と言っていいのではないでしょうか。肥満解消のために「食事制限」など行ってる人もいると思いますが、「睡眠時間」も気にしなければならなかったのです。

 では、忙しいビジネスマンが5時間以上の睡眠時間を確保するために何をすれば良いのでしょうか。

分かってるんだけどさ…それでも睡眠時間の確保が難しい人へ

 本当に忙しすぎて、睡眠時間の確保が難しいという人に、とっておきの方法を2つ教えたいと思います。

1. PM:22時〜AM:2時の間を睡眠時間にする

忙しい社会人の方が短時間で効率的な睡眠を取るためには、ずばり、午後10時から午前2時までの間を睡眠時間にあてるという方法がもっともおすすめできる方法です。

出典:睡眠時間が確保できない忙しい社会人のための睡眠のポイント | iGotit
 この時間に寝れば、たったの4時間であっても質の高い睡眠をとることができるそうです。午前2時、3時などに寝ている人は、早めに寝るようにし、また3時頃から仕事を再会いてみてはいかがでしょうか。

2. 昼寝の実践

 10分間の昼寝が夜の1時間30分もの睡眠に匹敵すると言われています。寝方は人それぞれですが、睡眠時間が確保できていない人は、昼寝の実践もアリかもしれません。

睡眠の質を高めたい人はこちらの記事を読んでみては?

 睡眠の質を高めたいと思っている人は、詳しく書かれた記事があるので、下記の記事を読んでみてはいかがでしょうか。



 「5時間睡眠でも余裕」と思っているビジネスマンは、多かったのではないでしょうか。5時間睡眠を続けていくと、いずれ体を壊すことにつながりかねません。なるべく5時間以上の睡眠時間を確保する努力をしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する