1. 良いものは長く着たいから…スーツを長持ちさせるための4つのテクニック

良いものは長く着たいから…スーツを長持ちさせるための4つのテクニック

by smoothdude
 ビジネスマンのユニフォームとも言えるスーツですが、せっかく着るのであれば、長持ちさせたいですよね。ここでは、スーツを長持ちさせるためのテクニックをいくつか紹介します。

1. 脱いだら必ずハンガーにかける

スーツは家に帰ったら必ずハンガーにかけるようにしましょう。それにあわせて、ポケットの中身は全部出すようにしましょう。

出典:スーツをきれいに長持ちさせるお手入れの方法-おしゃれになる方法
 家に帰ったらすぐにスーツを脱いで寝たい!という気持ちはわかりますが、ここはしっかりとハンガーに掛けて保管しましょう。ハンガーに掛けることで、スーツのシワや型崩れを防止できます。

2. スーツの連投を避ける

スーツを長持ちさせるコツは、1度着たら18時間以上ハンガーに吊るして休ませること。
つまり1日着たら1日休ませるのが大事なわけですね。

こうすると、1日着て折れまがったり潰れたりした繊維が元に戻るので型崩れを防げるというわけ。

出典:背広・スーツのお手入れ方法・裏技 | 極!一人暮らし - 極!ひとり暮らし
 スーツを長持ちさせるためには、スーツを「連投」させることはNG。スーツを休ませることで、スーツの繊維が元に戻り、新品のままスーツの型を保つことができるでしょう。

3. ブラッシングをする

そもそもなぜブラッシングする必要があるかといいますと、長持ちさせるためなんです。一度着用して外出しますと、かなりの埃、チリが付着しますし、汗もかきますし、食べ物の屑が付着することもあります。

出典:オーダースーツコンシェルジュ 松はじめのスーツ着こなし方ブログ : スーツ ...
 毎日のブラッシングも、スーツを長持ちさせるための一工夫。ブラッシングをすると、スーツに付いたホコリが取れて、生地が傷みにくくなります。

4. クリーニングは少なめに 

多くのスーツはウール――羊毛で作られています。羊毛に含まれる油分は、頻繁なクリーニングによって落ちてしまうのです。これによってスーツは汚れやすくなり、さらにくたびれて見えてしまいます。

出典:スーツを長持ちさせるための5つの方法(初級編)下 | サラリーマンの ...
 スーツを清潔に保つためにクリーニングはなるべくたくさん出すという方もいるかもしれませんが、それはかえって逆効果。スーツに必要な油分が失われてしまいます。毎日のケアを欠かさずしてクリーニングを出す頻度は少なめにしましょう。


 ここでは、スーツを長持ちさせるためのテクニックを紹介しました。普段の着方や、手入れをしっかりと行うことで、スーツを長持ちさせましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する