1. 【残業やストレスで眠れない…】睡眠時間が短いとこんな支障が出るかも!?

【残業やストレスで眠れない…】睡眠時間が短いとこんな支障が出るかも!?

 毎日続く残業や、日々の仕事のストレスでなかなか眠れないというビジネスマンの方も多いのではないでしょうか。しかし、睡眠時間が短くなってしまうと、思わぬ支障が出てしまうこともあります。ここでは、睡眠時間が短いと出てしまう支障を紹介していきましょう。

上司とのいざこざが増える

睡眠不足の患者の特徴は「いらだっている」「動作が荒い」「感情的な押さえが利かない」「話し方がきつい」など。

出典: 夫婦げんか、肥満、うつ症状まで ――すべての原因は睡眠不足にあり ...
 睡眠時間が短いと、その矛先は、仕事を共にする仲間に及んでしまいがち。短い睡眠時間によって、言葉遣いが荒くなり、上司との思わぬトラブルに繋がってしまうかも…。

昇進ができなくなる

睡眠不足の期間が続くほど、集中力や注意力は低下することがわかっています。

一時的に睡眠不足になる日があってもそれほど問題ではないのですが、慢性的な睡眠不足が数ヶ月と続く場合には、それだけ集中力や注意力が低下して、仕事でミスをする可能性が高くなるわけですね。

出典: 睡眠不足の仕事への影響~ミスが増え、自信がなくなる~ | 不眠症対策 ...
 短い睡眠時間は、あなたの集中力や、注意力を奪ってしまいます。仕事の中でのミスが増え、大事な仕事でもミスをしてしまい、昇進ができなくなるなんてこともあるかもしれません…。

仕事が続けられなくなる

睡眠不足が続くと、精神面に影響が出てきます。
なんだか元気が出なかったり、落ち込みやすくなったり、自信がなくなったりするのは、誰しも経験がありますよね。

そして、慢性的に睡眠不足が続くと、それはうつ病に繋がってしまう場合があります。

出典: 睡眠不足でうつ病になる!? - 不眠症対策のファイナルアンサー
 睡眠不足は自信まで奪ってしまいます。睡眠とうつ病には大きな関係があり、睡眠不足の状態が続くと、うつ病になって仕事が続けられなくなってしまうことも考えられるというわけです。

最悪の場合、死ぬことも!?

一説によると睡眠は栄養の摂取よりも重要であると言われ、すでに幾つかの調査によって睡眠不足が続いている人は十分な睡眠をとっている人と比べて死亡率が3.2倍に跳ね上がることが分かっています。

出典: 睡眠不足と死亡率の上昇との因果関係を示す6つの影響とサイン | iGotit
 たかが睡眠不足と思いがちですが、脳や体に与えるダメージはかなりのものになるそうです。睡眠をたっぷり取っている人と比べて、死亡率が3倍以上になってしまうことも!?健康に気を遣うビジネスマンなら、しっかりと睡眠を取りたいところですね。


 ここでは、睡眠時間が短いと仕事や体に出てしまう支障を紹介しました。睡眠時間が短いと、様々な支障が出るようですので、たっぷり寝るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する