1. 寝苦しい夏…気持ちよく眠りに入るためにはコツがあった!

寝苦しい夏…気持ちよく眠りに入るためにはコツがあった!

 夏が近づいてくると、夜でも気温が高くてムシムシするようになります。暑くて寝苦しいという悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。ここでは、熱くて寝苦しい夏でも、心地よく眠りに入るためのコツを紹介します。

1. タイマーを付けてエアコンをかける

寝苦しいからといってエアコンを1晩中つけて寝ると冷えすぎて体調を崩す可能性もありますので、就寝時には「設定温度は26~28℃、タイマーを3時間で切れるようにしておく」と体によく、また電気代も節約できてよいでしょう

出典: コラム「“暑すぎて眠れない…”の悩みを解消!ちょっとした工夫で涼しく ...
 寝る時に風邪を引いたり体調を崩しやすいから、エアコンをかけずに寝る人が多いと思いますが、体温が上がった状態では寝苦しい状態が続いてしまいます。眠りについてから3時間のうちにエアコンを掛けておくと効果的。エアコンはタイマーを付けて賢く利用しましょう。

就寝前の準備として、エアコンのタイマー設定もしましょう。設定温度は27度以上と、ちょっと高めで風は弱めに。

出典: 寝苦しい夜をぐっすり眠る工夫 - goo ヘルスケア
 エアコンの設定は、普段よりも少し高めに設定するのがベスト。風を弱めに設定して、直接体に当たらないようにしておくのもポイントですね。

2. 日中に換気をしておく

なかなか寝つけない原因は言うまでもなく蒸し暑さ。ある大学の研究でも、67%の人が原因として挙げています。「蒸し暑い」という言葉が示すように高温に高湿が加わることで不快感はいっそう高まります。

出典: 夏の睡眠 熱帯夜に負けずぐっすり眠る快眠術 -快眠本舗
 湿度が高いことも寝苦しいことの原因。寝室は特に、暗くしたままにしておきがちで、湿度が他の部屋よりも高くなっているかも。日中に換気をして、風通しを良くしておくことで、湿度を低くすることができるでしょう。

3. 湯船にきちんとつかる

体が適度に疲れたら、ゆったりと入浴をして、心身ともにリラックスしましょう。夏はシャワーだけという人が少なくないようですが、リラックスするためには、ぬるめのお風呂にゆっくり入ることをおすすめします。

出典: 寝苦しい夜をぐっすり眠る工夫 - goo ヘルスケア
 シャワーで済ましてしまいがちな夏のお風呂ですが、きちんと湯船に使ったほうがぐっすり眠れるようです。リラックス効果があり、また、夏でも気温が涼しく感じられるため、寝苦しいと感じないで寝付くことができるでしょう。

4. 昼の生活を見直してみる

夏になると熱気や湿気、紫外線など体のほうだけでは対処しきれないダメージを追ってしまいます。日中で受けたダメージは睡眠中に修復されるものですが、近年の環境の悪化によってそれも難しい状況になりつつあります。そしてそれもまた、睡眠を阻害する要因となり得るのです。

出典: 夏の不眠の原因は生活リズムの乱れ? - 睡眠の杜
 夏が寝苦しいと感じてしまう原因は、以外にも、日中の生活に原因があるかもしれません。日中に紫外線を多く浴びてしまったり、水分補給をしていないと、体がダメージを受けたままになってしまい、なかなか眠れない原因になるようです。外回りの営業マンはもちろんのこと、オフィスの中でも水分補給に気をつけましょう。


 ここでは、寝苦しい夏でも気持ちよく眠りに入るためのコツを紹介しました。寝苦しい夏ですが、ここで紹介したコツでぐっすり眠れるといいですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する