1. 積極さがポイント!上司が気にいるのは主体的に学ぶ部下!

積極さがポイント!上司が気にいるのは主体的に学ぶ部下!

by Julio Ignacio Olivares Soto
 同じ部署の中でも上司から評価される人と評価されない人がいます。その評価基準の中でも重要なのは、主体的に学ぶ姿勢があるかどうかです。ではどうすれば上司から主体的に学ぶ姿勢があるかどうかを理解させることができるのでしょうか?主体的に学ぶ姿勢はなぜ評価につながるかを説明し、主体的に学ぶ姿勢を持つ人の特徴を解説します。

主体的に学ぶ姿勢はなぜ評価されるのか

 主体的に学ぶ姿勢がなぜ評価されるのかというと、成長したことが目に見えるからです。評価というのは、現状から評価されるタイミングまでにどれだけ成長しているかが評価の基準になります。

 現在は同様の能力だとしても、片方の部下は元々今のスキルを持っていて、もう片方の部下は入社して半年たって現在のスキルを持ったとします。そうなると圧倒的に後者の部下が評価されるようになります。これからの半年でさらなる成長が期待できるので、評価されるのです。

主体的に学ぶ姿勢のある部下の特徴

 主体的に学ぶ姿勢を上司に理解してもらうことも重要な要素です。では、主体的に学ぶ姿勢のある部下とはどんな人でしょうか。

 まずは、上司から与えられた仕事に対して、必ず期待以上に仕事をこなす姿勢がある部下です。これは、上司から聞いた情報だけではできないはずの仕事が、部下自身が自ら情報収集をして上司が期待していた以上の仕事をすることです。

 また、主体的に学ぶ姿勢のある部下は、上司に細かい部分まで相談します。相談内容はレベルの低い話ではなく、高レベルで上司が得意な分野に関しての相談です。そうすると上司は高度な質問をし、それを知ろうとする部下の姿勢を評価します。


 上司から評価されなければ、今の会社での出世は望めません。自分の成長のために、そして上司に評価されるためにも、主体的に学ぶ学ぶ姿勢を持って仕事に取組んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する