1. これからの時代は専門性が武器になる?器用貧乏のまま仕事を続けていくデメリット

これからの時代は専門性が武器になる?器用貧乏のまま仕事を続けていくデメリット

by kevin dooley
 仕事をする上で、器用な人は様々な仕事をこなすことができます。ただし、器用であるが故にデメリットになってしまい、業績が伸びなかったり、必要とされなくなる可能性もあります。今回は、仕事での器用貧乏とデメリットについて見ていきましょう。

1.仕事での器用貧乏とは

 仕事をする上での器用貧乏とは、器用であるが故にある程度のことは難なくこなしますが、様々な分野に手を出すために専門性が育ちにくいのです。器用貧乏であることがデメリットとなる職場は、専門性が強い職種の場合が多いものです。

 専門性を極めていくと、資格に繋がります。例えば経理業務に特化していくと、簿記検定からさらには税理士資格まで取得する方がいるほど専門職になりえます。資格を持っていると転職する際にとても有利に働く場合もあります。

 仕事で器用貧乏の人は、営業でも経理でも総務でも簡単な業務ならすぐに覚えてしまい、上司から様々な仕事を頼まれてしまい、ある一つに特化した業務が育ちにくくなってしまいます。

2.仕事で器用貧乏にならないようにするためには

 仕事で器用貧乏にならないようにするためには、自分の将来を考えて何か一つその器用さを活かす必要があります。器用貧乏のデメリットは専門性が育たないことだと認識した上で、自分の将来の構想を元に一つの専門性を高めてください。

 中小企業ですと器用な人は重宝される傾向にありますが、大手企業となると器用な人などたくさんいて、器用貧乏だと結局何もできない人と思われてしまう傾向にあります。故に器用さをデメリットにしないためにも、ご自身の職種にあった特技を伸ばすようにすると器用ということはデメリットではなくなっていきます。

 また、大手企業では業務が分担されていることが多いので、器用貧乏の人は力を発揮することが難しくなり、専門性を持った人が重宝されるようになります。

3.器用貧乏が役にたたなくなる時代

 器用貧乏が仕事で役にたちにくいのは、現在はインターネットを使えば簡単な業務などすぐに調べてこなすことができるからです。契約書を作成したければ、昔であれば少しかじった程度の知識で役にたちましたが、今では契約書のフォーマットなどインターネットにゴロゴロしています。

 しかし、弁護士並の法律の知識があれば完成度の高い契約書になり、会社としても外部委託が必要なくなるので、重宝されるようになります。このように現在では、専門性を伸ばすことが自分の立場を上げることにも繋がりますので、器用貧乏だと思う人は専門性を伸ばすようにしてください。


 仕事で器用な人は、基本的には要領がよく、頭の回転が早いので、なんでもこなせます。それはとても良い事なのですが、自分の将来はどのようになりたいかを明確にしてその時にどのような専門性が必要なのかを考えておくのも重要です。

 器用な人なのに、会社で必要とされていないと感じるのであれば、その人は器用なことがデメリットになってしまっています。器用な人が専門職に打ち込めば普通の人より大きな成果が発揮できる可能性が高いので、意識しておくことがとても大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する