1. 器用な人はここが違う!不器用な人が器用になるために気をつけたい3つのポイント

器用な人はここが違う!不器用な人が器用になるために気をつけたい3つのポイント

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 どうして自分は不器用なんだろうと思ったことはありませんか。誰しもが不器用な一面があり、そのために失敗や自信を無くしてしまうこともありますが、器用な人はもともと器用だったのでしょうか。器用な人と不器用な人との差は何なのでしょうか。そこで今回は、器用な人と不器用な人との違いを3つ検証したいと思います。

1.とてもマメ

 器用な人は、いつもアンテナを伸ばして、いろんなことに関心や興味を持っています。そして日々、一つのことに集中しないで、いろんなことに気を注いでいます。不器用な人は、一つのことに一点集中し、完璧を求めがちですが器用な人は、一つに集中するのではなく、そつない程度に幅広く気を配り、一つを完璧にするために時間をかけるのではなく、時間を短くして、より多くの事に関われるかを求めています。

2.いろんなことにチャレンジする

 器用な人は、気が多いという長所を持っています。そのため、少しでも多くの経験を欲しいので率先して新しいことにチャレンジします。そのチャレンジ精神で積み重ねた経験から一つのことに思いっきり集中しなくても、要点をしっかり掴むので何事もこなすことができます。経験が自分の自信と成果を上げているというわけです。

3.苦手意識を捨てる

 器用な人は、あまり苦手意識を強く持っていません。人によってはこだわる人もいるかもしれませんが、苦手が増えてくると、出来ることが狭くなってしまったり、経験値が積めなくなってしまうのです。

 苦手と思って避けてしまうのではなく、どうして自分は苦手なのだろうと考えていくことで仕事のポイントを掴んだり、要領がよくなってきて、最終的には人から「器用だね」と言われる結果につながります。

 もし自分が不器用だなと思ったら、強い苦手意識がないかを考えてみてください。もしかしたら、避けていることが沢山あるのかもしれません。


 以上のように、器用な人はアンテナを張り巡らせ、いろんなことに興味を持ち、苦手意識を強く持たずにどんどんチャレンジしていった結果、積み重ねた経験から「器用になる」のですね。言葉を変えると、不器用な人も、器用な人のマネをすることで、誰しもが器用な人になれるということです。難しく思わず、身近な器用だと思える人を探してマネをしてみることから始めてもいいのかもしれません。そして、ゆくゆくは不器用な自分から卒業していけるようになっていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する