1. 転職する際にも困らない!所有しておきたいデータ分析関連の資格

転職する際にも困らない!所有しておきたいデータ分析関連の資格

 現代社会は、急速に情報化が進展しデータの扱いが企業にとっても欠かすことの出来ないものとなっています。これまではこうしたデータ分析を行うのは、専門性の高い社員に任せていた企業も多かったと思います。

 しかし、スキルがない社員にもデータ分析のスキルが求められています。そうしたデータの重要性の高まりを背景にデータ分析の専門性を認定する資格も登場してきています。以下では、データ分析における資格で特に注目を集めている2つをご紹介したいと思います。

統計データ分析士

 統計データ分析士は、統計科学研究所が認定しているデータ分析の資格で1級から3級まで存在しています。資格のレベルは、3級が収集したデータを整理しグラフや図を用いての説明や分析、2級はさまざまなデータ分析法を理解し実際の計算ソフトを用いた分析と結果の説明、また行った分析のデータの信憑性についての説明、1級は2級までの知識・スキルに加え、モデル設定や変数選択を用いて信頼性の高い分析結果を導き出す能力を持つといったものとなっています。

 統計データ分析士の資格を有していると、市場調査、顧客調査、ブランド力調査など企業に必要なさまざまなデータ分析を担うことが出来ることから、就職面での優遇は非常に高く、社内でのキャリアアップだけでなく転職活動時のアピールポイントとしても活かすことができます。

統計調査士

 統計調査士は、統計質保証推進協会が認定しているデータ分析の資格です。統計調査士の資格では、データ分析の基礎となる点を深く身に付けることが出来る点が特徴です。具体的には、統計データの役割とは何なのか、統計法規について、統計調査を実施する上での基礎的な知識、統計調査員の具体的な業務内容や役割などについて正確な知識を持っているかを測る資格です。

 また、統計調査士の資格の特徴として、公的に提供されたデータをどのように利用するのかといったことについて詳しく身に付けることが出来る点が挙げられます。公的な統計データは民間の統計データに比べると信憑性が高いため、そのデータを正しく利用できるかは企業にとっても重要なポイントです。そうした意味でも統計調査士の価値は高いと言えます。

 以上、今注目度の高いデータ分析に関連した資格でした。今はまだそれほどメジャーな分野とは言えませんが、早い段階でこうした将来性のある資格や知識を身に付けておけば、将来のキャリアプランの幅も広がります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する